ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 3月REVIEW2サックス&ギターの織り成すクール&カラフルな波乗り音響も心地よい、瀟洒味溢れる寛ぎハートウォーミング・ジャズの謹製品 CD LA SECTION RYTHMIQUE +2 / INVITE HARRY ALLEN ET LUIGI GRASSO
商品詳細
★ギターのデイヴ・ブレンクホーン(オーストラリア出身)、ベースのセバスチャン・ジラルドー(オーストラリア出身)、ドラムのギョーム・ヌオー(1976年フランスのアルカション生まれ)、から成るこのトリオ:La Section Rythmiqueは、パリを主たる拠点にヨーロッパ広域で活躍、スコット・ハミルトンのバック(ツアー・メンバー?)を務めるなど幅広くその手練ぶりを発揮し、過去このFremeauxレーベルからアルバムも発表して高い評価を得ていた。
★さて今回は、いまや大御所の貫祿を呈してきた御存知アメリカン・モダン・スイング派テナーの人気花形:ハリー・アレン(1966〜)と、先頃のイグナシ・テラーサとの共演盤(Swit)が好評だったパリを拠点に欧州一円で活動するイタリア出身の30代アルト俊英:ルイージ・グラッソ(1986〜)、という2人のサックス奏者を招聘したクインテット基本での、また無類に楽しい逸編。
★決して奇を衒わずストレートに安定律動的スイング・リズム音空間を軽やかに、かつ堅固に形創るギター&ベース&ドラムのツボを心得た確たる、そして一音一音に温かなハートのこもった鳴動の上で、ひたすらスイスイとリキみなく波に乗るような、洒脱で渋いスムース・スモーキーな流線形テナーと、よりライト&クールで程好く尖ったパンチっぽさも備えるイキのいい闊達げなアルト、とが何とも華々しく色彩鮮やかな見せ場を分け合い、更には、随所で前面に躍り出るギターの、ブルージー・グルーヴィーだったりメロウ・ムーディーだったりの旨口プレイも、潤いたっぷりに魅力を際立たせた、全編に渡り、単純明快でエンターテイニングな優しく味わい深い妙演の連続、に心地よく浸らせてくれる会心打内容。
★テンダー&インティメイトなリラックス・ムードを底流させつつ、同時に、中々威勢よく溌剌としたダイナミックな豪快スイング感も絶やさない、所謂スイング・ジャズ的なシンプルさや2サックス&ギターの織り成す何げに凝った重層性並びにカラフルさ(加えて爽涼感〜クールネス)を肝とする、ごく平易で親しみやすくも滋味豊かな人情娯楽指向の躍動型寛ぎセッション、が嬉々として愉しげに展開され、一インプロヴァイザーになりきってどこまでも気持ちよさそうに泳ぎまくる絶好調のアレン(ts)始め、銘々の和んでいながら気力は充実しきったソロ敢闘〜リレー(or掛け合い)合戦が、極めて豊饒なる盛り上がりを見せてゴキゲンだ。
★H.アレン(ts)の、清爽・清新でスカッとした陽気な歌心に溢れ、それでいてちょっとけだるくくすんだような不透明な煙霧の如き翳りや憂さを醸すところもある、筆致としてはあくまで肩の力の抜けた自然体の誠に瀟洒な、加えて機微ある悠々としたその語り口が、さすがバッチリ熟成された芳醇この上なしの冴え渡り様を事も無げに示していて絶品で、一方、グラッソ(as)の、アレンのせせらぎ(泉?)の如き流麗さに比して、適度に好もしい生硬さを残す絞りの利いた鋭敏ブロウ(バラードでのレイジーな哀愁描写も妙味)や、ブレンクホーン(g)の、チャーリー・クリスチャン〜バーニー・ケッセル系の流れを正統に汲んだ、一貫してオーソドックスでハートウォーミングな弾奏、といった辺りもそれぞれにしっかりテイスティーで好インパクト。

01. You 'N' Me
02. In The Still Of The Night
03. Birth Of The Blues
04. Day Dream
05. Wes' Tune
06. One For Duke
07. Blues Up And Down
08. New Orleans
09. Step Right Up
10. I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You

Luigi Grasso (alto saxophone, left channel)
Harry Allen (tenor saxophone, right channel)
Dave Blenkhorn (guitar)
Sebastien Girardot (bass)
Guillaume Nouaux (drums)

2019年フランス作品

レーベル:Fremeaux & Associes

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

スリーヴケース仕様CD

2サックス&ギターの織り成すクール&カラフルな波乗り音響も心地よい、瀟洒味溢れる寛ぎハートウォーミング・ジャズの謹製品 CD LA SECTION RYTHMIQUE +2 / INVITE HARRY ALLEN ET LUIGI GRASSO[FA 8564]

販売価格: 2,300円 (税込)
数量:
商品情報
FREMEAUX & ASSOCIES

★前作が2015年のJazz Magazine のレコード・オブ・イヤーに選出され、セシル・マクローリン・サルヴァントやスコット・ハミルトンのサイド等のサポートメンバーとしても活躍したことのある、David Blenkhorn (g) Sebastien Girardot (b) Guillaume Nouaux (drums) 3人によるグループ「LA SECTION RYTHMIQUE」。

★本作では、人気テナーサックス奏者、ハリー・アレンと、イグナシ・テラサとの共演作品が好評だったアルト奏者ルイジ・グラッソの2人を招き、スウィンギー & ハートフルなゴキゲンな快演を披露。
★クインテットによる流麗なアンサンブルの中から飛び出す快活で力強い各々のソロ、ウォームで懐深いブロウが際立つカルテット演奏、と全編において5人の絶妙な連携が光る好作品です。