ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 2月REVIEWCD SARA LEIB サラ・リーブ / IT'S NOT THE MOON
商品詳細
ボストン界隈で活動中と思しき女性歌手の、2003年に制作リリースされた一編。伴奏はピアノ・トリオ(所々でvo者がプレイしているらしき謎のブラス吹鳴も聞こえる)。曲はスタンダード中心。軽妙瀟洒で端麗なピアノ・トリオの小気味よい寛ぎハード・バップ演奏に乗って、線は細めで適宜張りのあるスキッとしたクールなハスキー・ヴォイスによる、自然体の濃やかな情緒描写とダイナミック&リズミカルなグルーヴ表現を巧く連繋させた、表情豊かで屈託のないリリカル・スインギー演唱が爽やかに映える、瑞々しさ一杯の充実内容である。抑えを利かせたつぶやき調子でアンニュイな憂愁をしっとりと映し出してゆく耽美的デリカシー満点のスロー・バラードや、贅肉を削いで声音をモノトーンっぽく直線的に凛然と響鳴させるクール派タイプのドライな投げ節、粋なウィットと渋いブルース・フィーリングを際立たせた(ショート・ストーリー的作劇センスも冴えた)正攻法の寛ぎ小唄路線、といった端正で穏和な節度あるリリカル肌のアプローチに深い妙味を発揮する一方、パンチの利いた威勢のいいスキャット熱唱や内省感を含んだ妖艶で流暢な幻想的ハミング技、など、ちょっとスパイシーな本格派タイプの唱法も随所に細かく織り混ぜて文脈に弾み(刺激的アクセント)をつけ、トータル的には中々風通しのいい、キュートで溌剌とした麗らかな詩情世界に仕上げてゆく主役歌手の、一貫して清新で柔和な風合いを絶やさないその歌声キャラクターと滑脱なストーリーテリングは、大層親しみやすく、また確固たる訴求力に溢れている。4ビート、ワルツ、ラテン、ファンク、ボサノヴァ、など、リズム・パターンは程好いバリエーションを示し、p者のオールラウンドに小回りを利かせたセンスのいい構成的プレイも美味しく光りながら、軽快闊達にして丹誠こもったフレッシュ&ラヴリーな道程をトントン拍子で清々しく楽しませる、心弾むような逸編。

↑以前入荷時の当店キャプション

1. ALL OF YOU
2. I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
3. SAN DIEGO SERENADE
4. MORE THAN YOU KNOW
5. IT'S NOT THE MOON
6. I COULD WRITE A BOOK
7. IF I SHOULD LOSE YOU
8. STORMY WEATHER
9. DARN THAT DREAM
10.IT COULD HAPPEN TO YOU
11.THE SHADOW OF YOUR SMILE

Sara Leib(vo)
Mark Shilansky(p)
Edward Perez(b)
Michael Herklots(ds)

在庫有り
CD


CD SARA LEIB サラ・リーブ / IT'S NOT THE MOON[SL 8932]

販売価格: 2,300円 (税込)
数量: