ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年4月REVIEW明朗豪快に人情娯楽派ハード・バップの王道を突き進む旨味とタフネスみなぎった芳醇テナーが絶好調! CD JERRY VIVINO / COAST TO COAST
商品詳細
70年代から活躍し、スタジオ仕事や歌伴も務めながら、DMP、Zoho、Blujazz等から味のある、優れたリーダー・アルバムも着々と発表してきた正統派テナーサックス(マルチリード)のヴェテラン名手:Jerry Vivino(1954年ニュージャージー州パターソン=Paterson生まれ)の、本盤は、いずれもスモール・コンボによる、2005年から2017年にかけて西海岸と東海岸(ニュージャージー)両方で吹き込まれた計4セッション(編成や顔ぶれはセッション毎に異なる)、での音源をまとめた一編。逞しい隆々さとふくよかな丸みを併せ持ち、微妙に引きずるようなちょっとルーズ&デカダンな風合いもある、中々含蓄に富んだ旨口トーンのテナーが、ダイナミックでいて悠々と構えた風な、ドライヴ感溢れる渦巻きウェイヴっぽい軌跡を描く滑脱ブロウを豪快かつ泰然げに繰り出して、好もしい武骨さや野太さを湛えた何とも頼もしい華を成し、ファンキーなトランペットや、スクエアーだったり端麗ロマンティックだったりのピアノ、メロウ・グルーヴィーなギターらも、それぞれに味わい豊かで鮮度抜群な彩りを添えた、ノリノリにしておいしさこってりの充実内容。セッション毎にサウンドの風合いは適宜変化するが、一貫して歌心とスイング感とブルース(&バップ)・フィーリングを確固たる肝とした、明朗快活で小気味よく親しみやすい、人情娯楽派の王道ド真ん中をスカッと突き進む、「純正ハード・バップ」傾向の強い清々しさ満点、ウマみも満点のシンプル・ストレートな行き方が続き、Vivino(ts他)の、力強くブットいタフネスみなぎった、なおかつ柔和そうな温もりにも溢れる、ひたすら大きく歌い大きくスイングする晴々朗々とした直球型のアドリブ・プレイが、終始おおらかで豊饒なる盛り上がりを呈して誠に壮快だ。→デクスターやロリンズの影もチラつくバップ・テナーの正統然たる揺るぎなき鉄板のハード・ドライヴィング咆哮!、がとりわけゴキゲンに、超芳醇に冴え渡っており、エキサイトしてくるとホンカー寄りの張り裂けパンチ絶叫風大アクションをカマして見せたり、一部ではグリフィンを幾分かモード化したようなアグレッシヴな猛烈疾走ワザを繰り出したり、などの転回も清新味一杯の鮮やかな際立ちを示していて好インパクト。加えて、2曲に参加するルー・ソロフ(tp)の、主役を喰いかねないただならぬ気迫で猛進撃してくるエネルギッシュな激烈攻勢、並びに、3曲に登場するバッキー・ピザレリ(g)の依然元気ハツラツとした(録音時91歳!)テイスティーな唄いっぷり、もナイス。

01. Coast To Coast
02. Spud Time
03. Body And Soul
04. Sam I Am
05. Paterson
06. Category 5
07. Here's That Rainy Day
08. Lew's Blues
09. Honeysuckle Rose
10. Miracles

Jerry Vivino (ts on 01-06, 08, 09) (alto flute on 07) (vocal on 09) (soprano saxophone on 10)

Ron Stout (trumpet on 01, 02)
Andy Langham (piano on 01, 02, 04)
John Leftwich (bass on 01, 02, 04)
Bernie Dresel (drums on 01, 02, 04)

Bucky Pizzarelli (guitar on 03, 05, 09)
Mark Sganga (guitar on 10)
Ken Levinsky (piano on 03, 05, 09, 10)
Martin Pizzarelli (bass on 03, 05, 09, 10)
Karl Latham (drums on 03, 05, 09, 10)

Lew Soloff (trumpet on 06, 08)
Brian Charette (piano on 06, 08)
Kermit Driscoll (bass on 06, 08)
Shawn Pelton (drums on 06, 08)

Mitchell Forman (piano on 07)
Kevin Axt (bass on 07)

01, 02, 04 : 2017年7月31日カリフォルニア州グレンデール=GlendaleのTritone録音 engineered by Talley Sherwood
03, 05, 09, 10 : 2017年4月6日ニュージャージー州パラマス=ParamusのTrading 8's録音 engineered by Christopher Sulit
06, 08 : 2005年10月17日ニュージャージー州パラマス=ParamusのTedesco Studios録音 engineered by Tom Tedesco
07 : 2014年5月15日カリフォルニア州シミヴァレー=Simi ValleyのLazy Bagel録音 engineered by Ellis Forman

レーベル:Blujazz

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

三面デジパック仕様CD


明朗豪快に人情娯楽派ハード・バップの王道を突き進む旨味とタフネスみなぎった芳醇テナーが絶好調! CD JERRY VIVINO / COAST TO COAST[BLUJAZZ 50]

販売価格: 2,400円 (税込)
数量:
商品情報
Blujazz

★1954年生まれのベテランサックス奏者がテナーを中心に繰り広げるストレートアヘッドな演奏が収められた、サックス・ファンには魅惑の新作。