ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | LP > 輸入盤LP【ベルギー IGLOO 良質女性ヴォーカル作品】輸入盤LP MELANIE DE BIASIO メラニー・デ・ビアシオ / A STOMACH IS BURNING
商品詳細
ベルギーで活躍する個性的な女性シンガーの、オリジナル曲中心の一編。2006年12月録音。伴奏は小コンボ。冷涼で艶やかな、潤いと透明感に富んだ中音域の落ち着きある端麗ヴォイスでの、ブルー&アンニュイな憂愁気分の推移変遷をデリケートに語り紡いでゆくような、スマートでいてニュアンスの深い抒情派演唱(歌詞は英語)が瑞々しい魅力を発揮したユニーク編である。バック陣の、内省感濃い浮遊型の真剣サスペンス・バラード調であったり、シャープな刺激的グルーヴに溢れた硬質ファンク・スタイルであったり、正攻法な4ビートのバップ・ブルースであったりと、形式も多彩で絶えず鋭い緊張感と陰影深さを湛えたキレのある演奏、が中々ソリッドに旨味を発揮しつつ、バラード・コンセプト中心の滑脱な道程が続き、主役voの、自然で濃やかな機微と様式美的クールネスを巧く並立させた、力は八分目の表情細かで折り目正しい節回しがしっとりと妖しく冴えている。流麗敏活にスイング・リズムに乗った、オーソドックスなブルース小唄風の瀟洒めフレージング、その軽妙さ〜涼しげな波乗り感もイイが、やはりその本領は、ゆったりとレイジーにたゆたい漂遊するような、ちょっと白日夢っぽい深遠な心象情景を微細に、フレキシブルにスケッチしてゆく感じの、仄暗く物憂いつぶやき散文詩風なバラード表現、にこそあり、pやsax(fl)らのメリハリある劇的プレイとの絡みも絶妙に、何ともセンシティヴかつファンタジックな感動に満ちた独創的世界を生み出している。新味ある充実作。

↑CD入荷時の当店キャプション

DOWN
A STOMACH IS BURNING
NEVER GONNA MAKE IT
MY MAN'S GONE NOW
BLUE

LET ME LOVE YOU
THE LATEST LIGHT OF LOVE
CONVICTIONS
ONE TIME
LES HOMMES ENDORMIS

Melanie de Biasio (vo)
Pascal Mohy (p)
Pascal Paulus (synth,org,key)
Axel Gilain (b)
Teun Verbruggen (ds)
Steve Houben (sax,fl)

2006年12月録音

御予約商品
輸入盤LP


【ベルギー IGLOO 良質女性ヴォーカル作品】輸入盤LP MELANIE DE BIASIO メラニー・デ・ビアシオ / A STOMACH IS BURNING[IGL 193LP]

販売価格: 3,400円 (税込)
数量:
商品情報