ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 3月REVIEW陰影濃く深遠で妖しい心象性とマイルド・キャッチーな牧歌的フォーキー色が交差する唯一無二のロマンティシズム世界 2枚組CD HELGE LIEN TRIO ヘルゲ・リエン / 10
商品詳細
依然揺るぎない確固とした野心的驀進を続けるお馴染みノルウェーの人気個性派ピアニスト:ヘルゲ・リエン(1975年ノルウェー リングサーケル=Ringsakerのモーエルヴ=Moelv生まれ)の、今盤は、ベーシストが代わった(新加入のMats EilertはあのMats Eilertsenと同一人物なのか?別人なのか?不詳)新レギュラー・トリオによる、2枚組の力作。硬質さや歯切れよさと、滑らかな清流の如き潤いや爽涼さ、が自然に共存し、ある時は細くきめ濃やか、またある時は骨太く重厚にもなる、澄みきった水晶を思わせる(それでいて時には暗影濃い岩石風に転じたりもする)端正なクリーン・タッチのピアノが、瞑想的・内省的な心象スケッチ調であったり、マイルド・フォーキーで牧歌的な浪漫節であったり、リズミカル・ビートに乗せたモーダル・ダイナミックなストレートアヘッド体質のアクションであったりと、中々表情多彩でメリハリ・緩急に富んだドラマティックなプレイを溌剌と、軽快流麗に紡いで生鮮度抜群かつ情趣深き華を成し、ベース&ドラムとの迫真インタープレイ的色合いの強い当意即妙のやりとりも、実に的確にスリルとサスペンスそしてグルーヴをバッチリ醸成して、これまた出色の魅力を形創った、全編を通じ瑞々しい緊張と奥行き豊かな幽玄を十二分に満喫できる会心打内容。硬軟自在でテンポやリズム・スタイルも様々な、リエン流の変幻躍動型リリカル世界がセンシティヴに、同時に精悍に活写されてゆき、ベース&ドラムの妖魔の如くダーク&ミステリアスに迫る、決して予断を許さない遊撃攻勢、に上手く刺激されながら、リエン(p)の、生々しいリアル即興らしい張り詰め様と、さすが熟練者ならではの余裕や風格、とを併せ持ったソロ活躍が、清新でいて流れるように快調に冴え渡って絶品だ。→暗く深遠・幽遠な内的宇宙の奥底へじっくりと降りてゆくような独自のメディテーショナルな文体や、打楽器性を際立たせつつの苦味走った硬派な、ハードボイルドな力学指向の凸凹した立ち回りワザ、といったシリアスめ・甘さ控えめのアプローチの迫真力もさることながら、よりキャッチーで甘美な半フォーク(・ブルース)的歌謡色を濃くしたリズミック調、或いは切々とした哀愁を映すしっとり感充分のバラード表現、などのロマンティックな耽美派詩人肌の語り口にこそ、とりわけ傑出した超フレッシュ&ポジティヴな胸躍るような白眉の煌きがあり、全く見事。

Disc 1:
01. Be Patient
02. Popkoral
03. Loose Gore
04. Krystall
05. Falturill
06. Before Now
07. Now
08. And Then
09. Crabs

Disc 2:
01. Please Stay
02. Jazzkoral
03. Nipa
04. Get Ready
05. Run
06. Roll
07. Crossing The Lake On A Kicksled
08. Kristall
09. Berlin Basement
10. Berlin Blues
11. Popkoral

Helge Lien (piano)
Mats Eilert (bass)
Per Oddvar Johansen (drums)

スウェーデン-ヨーテボリのNilento Studio録音(2019年ドイツ作品)

レーベル:Ozella Music

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します

三つ折りデジパック仕様2枚組CD


陰影濃く深遠で妖しい心象性とマイルド・キャッチーな牧歌的フォーキー色が交差する唯一無二のロマンティシズム世界 2枚組CD HELGE LIEN TRIO ヘルゲ・リエン / 10[OZ091CD]

販売価格: 3,200円 (税込)
数量:
商品情報
OZELLA MUSIC

ヘルゲ・リエン・トリオ、新たなメンバーで再スタート。2012年のソロ・アルバム「Kattenslager」を彷彿とさせる野心的な最新作。

ベースのフローデ・ベルグが抜け、HUBOR MUSICでお馴染み、北欧の名手マッツ・アイラートを迎えた最新トリオ作。前作で聴かせたオノマトペ(擬音言葉)を創作のモチーフとしたスタイルや実験的で抽象的やナンバー、室内楽的な楽曲やヘルゲらしい耽美な世界も表現されており、これはかなり野心的な作品を創り上げたと感心されられた。(新譜案内より)

Recorded,mixed and mastered at Nilento Studio,Gothenburg,Sweden
Recording engineers : Lars Nilsson and Michael Dahlvid