ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品欧州流コンテンポラリー抒情派趣向にチェンバー要素が程好くミックスされた清新ロマネスク編♪ CD MORTEN RAMSBOL モーテン・ラムスブル / TRUE NORTH トゥルー・ノース
商品詳細
オーフス(デンマーク)王立音楽アカデミーに学び、ニールス=H・O=ペデルセンやペーター・ヴースト、イェスパー・ルンゴーらにも師事、幅広い人脈の中で国際的な活躍を続け(Music Meccaに自身のリーダー録音があり、Mads Baerentzen-pトリオやSoren Moller-pトリオのレギュラーとしても辣腕を発揮、また、シーネ・エイ、セシリア・ノービー、スコット・ハミルトン、ラーシュ・ヤンソンらとも共演)、2013年からグラーツ国立音楽大学(オーストリア)の教授も務めている、現在は主に母国のデンマークやオーストリアで活動しているオールラウンドなモダン・ベースの逸材:モーテン・ラムスブル(1970年デンマークのオーフス生まれ)の、今作は、英国の個性派サックス奏者:ジュリアン・アーギュエルや、スウェーデンの人気ピアニスト:ヤコブ・カールソン、オーストリアのドラマー:ライニ・シュメルツァーらとの多国籍コンボに、ストリング・カルテットも加えての一編。全体のアレンジと弦楽セクションのオーケストレーションをR・シュメルツァー(ds)が担当している。名エンジニア:ステーファノ・アメーリオによる伊Artesuono Studioでの録音(2018年5月)。バネを利かせて重厚かつ敏活に哀歓を映し出す肉太ベースの躍動ぶりも、絶えず芳醇な魅力を際立たせる中で、ある時はレイジー・スモーキー&ハートウォームにちょっとけだるく憂愁を歌い、ある時はモーダル・アグレッシヴに烈しく突っ掛かってゆくサックス(ts,ss)や、抑制を利かせて端正に美メロを奏でるピアノ、度々現れてはしっとりとエレガントにサロン(〜チェンバー)・ムードを醸成するストリングス、らが色彩感も豊かに瑞々しく奥深い絵を飾ってゆく、爽快で小気味よくもホッと一息つける好演内容。現代ヨーロピアン抒情派、的な趣向を根幹としつつ、ストリングスの投入により荘厳典雅な室内楽的要素も適宜加味された、何げに緻密で折り目正しいメロディアス指向のコンテンポラリー・モーダル・バピッシュ奏演、が流麗滑脱に展開され、純ジャズ色濃厚なヴァイオリンの白熱したアクション・ソロが炸裂したりなど、中々意表を衝いたアクセント場面も用意される周到なドラマティック道筋の中で、大方はJ・アーギュエル(ts,ss)を花形主役としたわりかしストレートアヘッドな行き方(※そうでないところも結構あることはあるが)で、ばっちりテイスティー・グルーヴィーに楽しませてくれる。アーギュエル(ts,ss)の、ロリンズの影がチラついたりもする生粋ハード・バッパー然とした、ドライヴ感満点でマイルド・ブルージーなテナーによるおおらかメロディック・ブロウや、ソプラノに持ち替えてのよりモード色濃く尖った囀りの如きスピーディー・アタック咆哮など、あくまでメインストリーマー体質を貫いたダイナミックなその立ち回りが、醸熟の魅力を悠々揮いきっていてゴキゲンで、一方カールソン(p)の、落ち着いた控えめな調子でエッセンスを凝縮したような、簡潔にして余情深い、練り上げられた文脈を軽々と紡ぐ懐の広そうな語り口も、さすが秀逸。

01. As Seen From Above
02. Marianne
03. Brothers
04. Keith
05. True North
06. Naymenhay
07. Le Grand
08. Signal Me
09. Brothers II
10. Surface

Julian Argüelles ジュリアン・アーギュエル (tenor saxophone, soprano saxophone except 02,03,09,10)
Jacob Karlzon ヤコブ・カールソン (piano except 02,03,04,06,09)
Morten Ramsbøl モーテン・ラムスブル (double bass)
Reini Schmölzer ライニ・シュメルツァー (drums except 02,03,04,09)
Igmar Jenner イグマル・イェンナー (violin except 01,03,04,06)
Andreas Semlitsch アンドレーアス・セムリッチュ (violin except 01,03,04,06)
Delphine Krenn-Viard デルフィーヌ・クレン=ヴィアール (viola except 01,03,04,06)
Katja Finsel カティヤ・フィンセル (cello except 01,03,04,06)

2018年5月24-25日イタリア-Cavalicco(Udine)のArtesuono Recording Studios録音
by Stefano Amerio

レーベル:Challenge

御予約商品
CD
入荷予定時期:2018年12月下旬 受注締切:2018年11月28日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。



欧州流コンテンポラリー抒情派趣向にチェンバー要素が程好くミックスされた清新ロマネスク編♪ CD MORTEN RAMSBOL モーテン・ラムスブル / TRUE NORTH トゥルー・ノース[CR 73469]

販売価格: 2,250円 (税込)
数量:
商品情報
CHALLENGE

現代最高のエンジニア、ステファノ・アメリオによるプロデュース! ☆デンマークの気鋭ベーシスト、モーテン・ラムスブルがChallenge Recordsデビュー!

★多くの名録音を生み出し、現代最高と呼び声の高い天才レコーディング・エンジニア、ステファノ・アメリオのプロデュース作がChallenge Recordsより登場!
★リーダーのモーテン・ラムスブルは、1970年デンマークのオーフス生まれ、現在はオーストリアのクラーツ国立音楽大学でジャズ・ダブル・ベースの教授を務めながら、デンマークとオーストリアで活動。シーネ・エイ、ニルス・ラン・ドンキー、オーフス・ジャズ・オーケストラ、カート・エリング、ジョン・スコフィールド、クレア・マーティン、ベニー・ゴルソンらを始めとする一流のミュージシャン達と共演しています。
★アルバム・タイトルであり、バンド名でもある「トゥルー・ノース」は、イギリスのジュリアン・アーゲルズ、スウェーデンのヤコブ・カールソン、オーストリアのライニ・シュメルツァーによる多国籍カルテットに、ストリングス(弦楽四重奏)が加わった編成。
★2018年5月にグラーツでコンサートが行われたあとすぐにイタリアへ行き、そのままステファノ・アメリオのArtesuono Studioで録音されています。多くのTV番組やツアー・プロジェクトに楽曲提供を行ってきたラムスブルの作品を、ライニ・シュメルツァーがストリングス・アレンジ。ヨーロピアン・ジャズの雰囲気たっぷりに、ウッド・ベースの温かい響き、美麗なピアノとストリングス、生々しいサクソフォンとドラムのサウンドが高音質に収められています。
アメリオ・ファン、高音質ジャズ・ファン要注目!