ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2018年11月REVIEWハード・バピッシュな正統的モダン・ビッグ・バンドの中でアーシー&ブラックな濃厚オルガンが芳醇に映える絶頂ライヴ! CD JAZZ ORCHESTRA OF THE CONCERTGEBOUW featuring DR. LONNIE SMITH ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ feat. DR. ロニー・スミス / I DIDN'T KNOW WHAT TIME IT WAS
商品詳細
★最新作:「Crossroads」も好評を得ていた、アムステルダムを本拠に20年来国際的な活躍を続ける、オランダの実力派・個性派連が結集した強力モダン・ビッグ・バンド:ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ(1996年にニュー・コンサート・ビッグ・バンドとして発足し、1999年に現在のバンド名に改称)。
★本盤は、既にLP版が先行リリースされていた、熱血ソウル・オルガンのレジェンド:ドクター・ロニー・スミス(1942年ニューヨーク州ラッカワナ=Lackawanna生まれ)をフィーチャリング・ゲスト(ほぼ主役?)に迎えての、2010年2月アムステルダムのthe Bimhuisでの公演の模様を収めた白熱ライヴ・アルバムの、CD版。LPには未収録だった2曲(#7と#8)を追加収録している。
★ダイナミック&ゴージャスで爆発的、そして巨大建築の如く雄渾げにそびえ立つホーン・アンサンブルの、ドデカいスケール感に溢れた力強く奥深い鳴動や、タイト&スピーディーに鋭く喰い込んで(えぐり込んで?)くるリズム陣の何げに小回りの利いた機動的アタック!、にガッチリ支えられ、煽られながら、アーシーでブラック・ソウルフルそれでいて幾何学的頭脳性も多分に備わったオルガンのドラマティックな活躍が、中々悠々とさすが貫祿ある醸熟の華を成し、ハード・ドライヴィングかつスマートなサックスや、生粋バッパー然たる勇み肌のトランペット、コクのあるダウン・トゥ・アースな(或いはファンク的な)ギター、らレギュラー・メンバーの活躍もそれぞれに鮮麗なる彩りを添えた、全編ノリノリにして壮快な昂揚感と芳醇な旨味をバッチリ堪能できる濃密内容。
★オルガン入りだがスタイルは所謂ソウル・ジャズというわけではなく(一部ファンクっぽいところもあるが)、概ねモダン・ビッグ・バンドの正統らしいハード・バピッシュな行き方が嬉々溌剌と続く中で、御大スミス(org)の巧まず練達した風格ある大吟醸プレイを筆頭(と云うより殆ど独り舞台か?)に、各人のどこまでもメロディアスでバップ魂とブルース・フィーリングに満ち満ちた正攻法勝負のソロ奮戦が、文句なくスカッとした清々しい盛り上がりを呈してゆく、という、徹頭徹尾明快でおおらかな親しみやすい娯楽活劇指向の道程が揺るぎなく、確固と形作られており、曲毎に趣を違え、ヴァラエティーに富む、さりげなく意匠を凝らしたアレンジ&構成の緻密さ・周到さと、ソロ合戦コーナーの超充実した豊饒ぶり、とで理屈抜きで大いに愉しませてくれる。
★とりわけスミス(org)の、パワフルでエネルギッシュ&パッショネートではあるが、しかし肩の力は絶妙に抜けていて、あくまで自然体調子で伸び伸びと得意技披露大会に興じきる、といった感じの、終始楽しそうに躍動し続けるポジティヴな意気もみなぎった驀進燃焼具合、が絶好調に冴え渡っていて全くゴキゲンだ。

1. I Didn't Know What Time It Was (リチャード・ロジャーズ)
2. Chelsea Bridge (ビリー・ストレイホーン)
3. Willow Weep For Me (アン・ロネル)
4. Beehive (ハロルド・メイバーン)
5. Too Damn Hot (ロニー・スミス)
6. The Whip (ロニー・スミス)
7. I've Got Rhythm (ジョージ・ガーシュウィン)
8. Cookin' For Jimmy (カルロ・デ・ヴァイス)

Jazz Orchestra Of The Concertgebouw;
Dennis Mackrel (conductor)

featuring
Dr. Lonnie Smith (organ)

Martijn van Iterson (guitar)
Frans van Geest (bass)
Martijn Vink (drums)


2010年2月25日オランダ-アムステルダムのthe Bimhuisでのライヴ録音

レーベル:JOC Records

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

CD

ハード・バピッシュな正統的モダン・ビッグ・バンドの中でアーシー&ブラックな濃厚オルガンが芳醇に映える絶頂ライヴ! CD JAZZ ORCHESTRA OF THE CONCERTGEBOUW featuring DR. LONNIE SMITH ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ feat. DR. ロニー・スミス / I DIDN'T KNOW WHAT TIME IT WAS[JOC 010]

販売価格: 2,380円 (税込)
数量:
商品情報
JOC RECORDS

☆オランダの超絶ビッグバンド、JOC!
☆生ける伝説、Dr.ロニー・スミスをフィーチャーした2010年ライヴのCDバージョンが登場!

■1996年設立、「オランダのもっともスウィンギングなビッグバンド」と称される、オランダ最高のビッグ・バンドの一つ、ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ(JOC)。JOC Records初のアナログ盤リリースとなったロニー・スミスとの共演盤(JOC 007)のCDバージョンが登場。

ジャズ・オルガンの生ける伝説、ドクター・ロニー・スミスをフィーチャーした2010年アムステルダムのライヴ。LPバージョンには収録されていなかった「I've Got Rhythm」、「Cookin' for Jimmy」の2曲が収録されています。 (新譜案内より)