ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2018年10月REVIEWCD 岸 ミツアキ & 蓑輪 裕之 MITSUAKI KISHI & HIRO MINOWA / TIME FOR LOVE タイム・フォー・ライフ
商品詳細
岸ミツアキ、蓑輪裕之の大阪・高槻コンビが本場ニューヨークのメンバーを迎えて心地よくスイング!

★ニューヨーク第一線のトランペット・ギター・テナーサックス奏者との共演。スローなスイング曲、スタンダード・ナンバーを中心に心地良さを追求。

1 久しぶりね It’s Been a Long, Long Time(Jule Styne)
2 時の過ぎゆくままに As Time Goes By(Herman Hupfeld)
3 ジャスト・イン・タイム Just in Time(Jule Styne)
4 ジス・タイム・ザ・ドリームス・オン・ミー This Time the Dreams on Me(Harold Arlen)
5 タイム・バイ・ミニット・リピーター Time by Minute Repeater(Mitsuaki Kishi)
6 恋のひととき A Time for Love(Johnny Mandel)
7 時さえ忘れて I Didn’t Know What Time It Was(Richard Rodgers)
8 9:20スペシャル 9:20 Special(Earle Warren)
9 虹の彼方に Over the Rainbow(Harold Arlen)
10 3 AM ブルース 3:00 AM Blues(Dick Hyman)〜センターピース(Harry Edison)
11 バイ・バイ・ブルース Bye Bye Blues(David Bennett / Chauncey Gray / Frederick Hamm / Bert Lown)

MITSUAKI KISHI 岸 ミツアキ(ピアノ)
HIROYUKI MINOWA 蓑輪 裕之(ベース)
WARREN VACHE ウォーレン・ヴァシェ(トランペット except 6,7)
HOWARD ALDEN ハワード・アルデン(ギター except 6,7)
HARRY ALLEN ハリー・アレン(テナー・サックス except 6,7)

2018年5月5日,6月20日 大阪 録音

在庫切れ
再手配済
CD

CD 岸 ミツアキ & 蓑輪 裕之 MITSUAKI KISHI & HIRO MINOWA / TIME FOR LOVE タイム・フォー・ライフ[CMSB 28038]

販売価格: 2,740円 (税込)
数量:
商品情報
●岸ミツアキ(ピアノ)
 1961年2月11日和歌山県生まれ。1997年以降リーダー・アルバム15作、ベスト・アルバム2作をリリース。過去3作で「スイングジャーナル誌・選定ゴールド・ディスク」を獲得。 1999年、米国「コンコード・ジャズ・フェスティバル」に出演。以降、ドイツ、ロシア、キルギス共和国、カザフスタン共和国、韓国、オーストラリアなど海外の国々で公演を行なっている。また、国内でも主にアメリカなどより招いた著名アーチストたちと演奏活動を行ない、グローバルな活躍をみせている。 俳優で熱烈なジャズ愛好家であった故・藤岡琢也氏と写真家・浅井慎平氏が隔週でパーソナリティを務めていたNHKラジオ「ときめきJAZZ喫茶」(2004年〜2007年)ではオープニング&エンディング・テーマの作曲と演奏を担当し、番組へも準レギュラーとして出演した。 出身地である和歌山県より平成19年度「和歌山県文化表彰/文化奨励賞」を授与、平成26年度には同県橋本市からも「文化奨励賞」を授与された。 昨年初のソロ・アルバムをリリース。

●蓑輪裕之(ベース)
 1952年大阪府高槻市生まれ。3歳よりピアノを始め、高校卒業後アメリカ軍横須賀基地でステージに立つ。名古屋芸術大学を卒業後、ドイツのシュトゥットガルト音楽大学マスターコース、ドイツ国立ロベルトシューマン音楽大学マスターコースでモダンコントラバス奏法を学ぶ。 1980年にジュピター音楽院を設立、ジャズ・ベースやジャズ理論の講義を担当している。

●ハリー・アレン(テナー・サックス)
 1966年10月12日ワシントンDC生まれ。ヨーロッパのインディーズ・レーベルに10数枚のレコーディングを行ない、マニアの間で注目を浴び、日本のBMGと契約。BMGからは17枚のアルバムをリリースし、その約半数のアルバムがスイングジャーナル誌のゴールド・ディスクに輝くという驚異的な支持を得ている。またそのうちの5枚はボサノヴァ・アルバムで、ほぼ毎春にリリースされている。1997年度スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞ニュースター賞を獲得。同年秋、“富士通コンコード・ジャズ・フェスティバル1997”にて初来日。以後毎年のように日本でのツアーを行なっている。
 2004年より、スイングブロス・レーベルへ移籍しアルバムを多数リリース。