ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2018年10月REVIEWダイナミックかつリラクシングな、歌いに歌う波乗りアルトが絶好調の90年代ノルウェー発・旨口娯楽編! 限定復刻CD SIGURD KOHN / MORE PEPPER, PLEASE
商品詳細
ノルウェー・シーンで活躍し、自己のコンボの他、企画ソウル・ジャズ・ユニット:The Real Thingの花形としても大いに人気を博すも夭逝した、オーソドックスにしてオールラウンドなモダン・アルトサックス(テナーも吹く)の逸材:Sigurd Kohn(1959年ノルウェーのクリスチャンサン=Kristiansand生まれ、2004年タイのカオラック=Khao Lakで死去)(吹き込みはReal Recordsや自己レーベル等)の、自身はアルトに専念した変動的スモール・コンボによる、これが初リーダー・アルバムとなった1996年オスロ録音の傑作、の限定復刻版。キュッと引き締まっていながら一定の肉厚さや重みをも呈した、中々味のあるトーンのアルトが、バップ&ブルースのテイストに富み、かつ、深い哀愁やちょっとけだるいリラクゼーションも漂わせた、ダイナミックであり柔和でもある按配絶妙の滑脱ブロウを軽やかに綴って、実に粋な華を成し、ピアノ、トランペット、ギターらの個性豊かな助演もバッチリ芳醇に彩りを添えた、小気味よくも瑞々しい昂揚感と余情溢れる会心打内容。親しみやすいメロディーの美=明朗な歌心と快活律動的なノリのよさに貫かれた、スウィンギン&リラクシングな和気あいあいムードの90年代流・正攻法リリカル・バップ奏演、が溌剌と愉しげに展開され、インティメイトな寛ぎとおおらか&晴れやかな開放感が並立する何とも心地よい道程の中で、Kohn(as)の、「美メロの泉」然とした誠に流麗で鮮やかな、旨味もたっぷりの語り口がひたすらスイスイと事も無げに冴え渡ってゴキゲンだ。→ペッパー・ライクなところもあるがそれにとどまらず、伝統的バップ、ファンキー、モード、コンテンポラリーなどの手法を消化して、肩肘張らぬ自然体調子でどこまでも伸び伸びと気持ちよさそうにウェイヴを描いてゆく風な、流線的でスムースそれでいてパンチやドライヴもしっかり利いたメリハリある咆哮ぶり、舞い泳ぎっぷりが文句なく絶好調で、一方、ダーグ・アルネセン(p)の、ここでは潔く渋旨バッパーになりきった燻し銀テイストのスクエアー&アーシーなキレのある立ち働きも、確固とテイスティー・グルーヴィーに際立っている。

01. More Pepper, Please
02. White Coffee
03. Forgiveness, An Alibi
04. No Worries
05. October
06. Bingo
07. One Too Many
08. Angel Blue
09. Club 7 In Heaven
10. Is It Me?

Sigurd Kohn (alto saxophone)
Roy Nikolaisen (trumpet on 02,04,09)
Lakki Patey (guitar on 03,06)
Stein Bull Hansen (guitar on 03)
Staffan William Olsson (guitar on 08)
Stian Carstensen (accordion on 06)
Dag Arnesen (piano on 02,04,05,07,08,09,10)
Ingebright Haker Flaten (bass on 01,02,04,05,07,08,09,10)
Einar "Wallen" Mjaland (electric bass on 03,06)
Jarle Verspestad (drums on 01,02,04,05,07,08,09,10)
Bruce Rasmusseen (drums, percussion on 03,06)
Celio De Carvallo (percussion on 03,06)

1996年5月3日,6月6日ノルウェー-オスロのMajor Studio録音

原盤レーベル:Real Records

在庫有り
限定復刻CD


ダイナミックかつリラクシングな、歌いに歌う波乗りアルトが絶好調の90年代ノルウェー発・旨口娯楽編! 限定復刻CD SIGURD KOHN / MORE PEPPER, PLEASE[RT 1062]

販売価格: 2,300円 (税込)
数量:
商品情報
REAL RECORDS

ノルウェー出身で45 歳の若さで夭折した天才アルトサックス奏者が1996 年に残した決定盤がこちら。タイトルが示すように、アート・ペッパーが下地となっていますが、収録された演奏は往年のウェストコーストジャズの域を飛び出し、ボッサからラテンまで多様な音楽性を詰め込んで飽きさせません。耳に心地よい楽曲が並び、ジャズ初心者の方が聴いても親しみやすさに満ち溢れています。かと言って最初から最後まで緩むことなく緊密で濃度の濃い演奏が収録されています。正にこの秋の季節に楽しむのにふさわしい逸品です。(新譜案内より)

1 More Pepper, Please
SIGURD KOHN (as)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

2 White Coffee
SIGURD KOHN (as)
ROY NIKOLAISEN (tp)
DAG ARNESEN (p)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

3 Forgiveness, an Alibi
SIGURD KOHN (as)
LAKKI PATEY (g)
STEIN BULL HANSEN (g)
EINAR WALLEN MJALAND (el-b)
BRUCE RASMUSSEEN (per)
CELIO DE CARVALLO (per)

4 No Worries
SIGURD KOHN (as)
ROY NIKOLAISEN (tp)
DAG ARNESEN (p)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

5 October
SIGURD KOHN (as)
DAG ARNESEN (p)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

6 Bingo
SIGURD KOHN (as)
STIAN CARSTENSEN (accordion)
LAKKI PATEY (g)
EINAR "WALLEN" MJALAND (el-b)
BRUCE RASMUSSEN (ds,per)
CELIO DE CARVALLO (per)

7 One Too Many
SIGURD KOHN (as)
DAG ARNESEN (p)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

8 Angel Blue
SIGURD KOHN (as)
DAG ARNESEN (p)
STAFFAN WILLIAM OLSSON (g)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

9 Club 7 in Heaven
SIGURD KOHN (as)
ROY NIKOLAISEN (tp)
DAG ARNESEN (p)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

10 Is It Me?
SIGURD KOHN (as)
DAG ARNESEN (p)
INGERBRIGHT HAKER FLATEN (b)
JARLE VERSPESTAD (ds)

1996年5月3日、6月6日録音