ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2018年9月REVIEW気合の入りまくった超芳醇な充実のソロ・リレーが連続する現代正統派ハード・バピッシュ・ビッグ・バンド会心の一撃! 2枚組CD JAZZ ORCHESTRA OF THE CONCERTGEBOUW ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ / CROSSROADS
商品詳細
★1996年に作編曲家のヘンク・ムトヘールトを中心としてオランダの実力派精鋭陣が結集して発足、アムステルダムを本拠としつつ国際的な活動を続け、様々に趣向を凝らした過去のアルバム群(Via、Challenge、Munich、55、JOC他)にも高い評価を集めてきた強力モダン・ビッグ・バンド:ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ。
★今回は、近年実質的リーダーを務めているデニス・マックレルと古株:ロブ・ホースティング、の2人が指揮者・アレンジャーを担っての2枚組の力作。
★ピタリと息の合ったダイナミックでカラフルそしてゴージャス感溢れる端正なホーン・アンサンブルが、パンチを利かせつつ鋭敏に轟いて、奥深くもスケールの大きな背景音響を形成する中で、コク味こってりのソウルフルなテナーや、ピリッと背筋を伸ばしてキビキビ立ち働く硬質トランペット、バピッシュ&アーシーなシブ〜い吟醸味を立ち昇らせるギター、熱気みなぎるモーダル・エネルギッシュなピアノ、らが腰の据わった伸びやかなリレー合戦を嬉々溌剌げに紡いで、色とりどりで旨味満点の鮮麗なる見せ場を創出してゆく、実に爽快かつ芳醇な昂揚感が満喫できる会心打内容。
★一貫してメロディアスでスウィンギン&リズミカルな、現代流モダン・ビッグ・バンドの正統らしい、娯楽活劇調のスカッとした行き方が続き、何げに上手く練り上げられたアレンジ面〜音響設計面にも瑞々しい魅力をバッチリ際立たせる一方、各人の、ハード・バップ色濃く歌心満点の極めてストレートアヘッドなアドリブ奮戦が、ひたすらフレッシュ&デリシャスに大豊作ぶりを呈して全くゴキゲンだ。
★中でも、ブレなくビシッと確たる骨芯の通った堅牢そうなトーンで、チョイ殺陣っぽい硬派な立ち回りに終始する燻し銀的渋味一杯のギターや、武骨にして超旨口な醸熟の妙味を悠々振りまくテナー、ウォーム&ファンキーにイキイキと遊泳闊歩するおぼろなトロンボーン、波乗り調子の軽やかな立ち働きで誠に心地よい爽涼感を漂わせるクラリネットやアルト、勇猛熱血な雄々しきダイナミズム攻勢で全体をキリッと引き締める毅然げなピアノ、辺りがとりわけおいしさも存在感も濃厚でインパクト大。

CD 1
1. Shortcut
2. Olivia's Dance
3. English Heart
4. Jane Street, 2 AM
5. Sixmas
6. Swarms

CD 2
1. Para Poli
2. Ataraxia
3. The Ninth Planet
4. A Minor Confusion

Dennis Mackrel (conductor, arranger)
Rob Horsting (conductor, arranger)


2018年オランダ作品

レーベル:JOC Records

在庫有り
2枚組CD


気合の入りまくった超芳醇な充実のソロ・リレーが連続する現代正統派ハード・バピッシュ・ビッグ・バンド会心の一撃! 2枚組CD JAZZ ORCHESTRA OF THE CONCERTGEBOUW ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ / CROSSROADS[JOC 009]

販売価格: 2,450円 (税込)
数量:
商品情報
JOC Records

ゴージャスで洗練された現代のビッグ・バンド・サウンド!

☆オランダの超絶ビッグバンド、ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ!
☆国際的に活動するJOCが、現代ビッグ・バンドの境界を拡張!

■1996年設立、「オランダのもっともスウィンギングなビッグバンド」と称される、オランダ最高のビッグ・バンドの一つ、ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ(JOC)。ヨーロッパのみならず、ラテン・アメリカ、南アフリカ、インドネシア、日本、中国と国際的に活動し進化し続けるJOCの最新アルバム、「クロスロード」が登場。1950年代の古典的なジャズからスタートし、様々なゲスト・ソリストの幅広いスタイルとジャンルに挑戦してきたJOCが現代ビッグ・バンドの境界線を拡げます。

■2015年より首席指揮者を務めるのは、20歳の若さでカウント・ベイシー楽団のドラマーを経験し、2010年〜2013年にもベイシー楽団のバンド・リーダーを務めたデニス・マックレル。そして、JOC初期からアレンジャーとして共演してきたロブ・ホースティングの2人による指揮で、現代オランダのゴージャスで洗練されたビッグ・バンド・サウンドをお届けします。(新譜案内より)