ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | LP > 輸入重量盤LPダイアナ・パントン重量盤LPシリーズ第3弾! 180g重量盤LP DIANA PANTON ダイアナ・パントン / Solstice / Equinox (邦題:シーズンズ)
商品詳細
【ダイアナ・パントン最新作が重量盤LPで登場!】
※限定枚数に達しました時点で販売終了。

発売されるたびに完売を続けるダイアナ・パントン重量盤LPシリーズ待望の第3弾が発売!

★お馴染みカナダの人気歌姫:ダイアナ・パントン(カナダのオンタリオ州ハミルトン生まれ)の、2年ぶりとなる待望のニュー・アルバム、=今回もまたドン・トンプソンの仕切りによる、レグ・シュワガーら馴染みの面々をバックにした一編。2016年8月トロント録音。
★涼やかで潤いに富んだ、トーン高め・線は細めのクリーンなそよ風ヴォイスによる、一貫して歌詞とメロディーを大切にしつつ優しく丹念に情感を映し出した、キュート&テンダーなリリカル演唱が、また一段と瑞々しく小粋な、そして感動的な華を成し、ウォーム&ジェントルなピアノや、渋い吟醸味一杯のギター、ソウルフルなサックス、オシャレでクールなヴァイブ、重厚でコクの利いたベース、燻し銀的アーシーさ漂うトランペット、らの助演もしっかり濃い旨口な彩りを添えた、小気味よくもホッと安心できる充実の快適内容である。
★インティメイトな寛ぎに満ちた、軽妙瀟洒で和気あいあいの落ち着きある道行きが続き、イナセさと温かい包容力を併せ持ったインスト陣の中々ジェントルマンなサポートに快調に導かれ、支えられながら、パントン(vo)の、誠実で柔和な真心を感じさせる、実にしっとりとしたデリカシー溢れる語り口が、さすがさりげなく練達した抜群の冴えを見せてゆく。→程好く脱力した自然体の囁き・呟きに軽く節をつけたような、穏やかでスウィートな可憐さ仄めく乙女チック・スタイルが今回も絶好調だが、肩肘張らずにふんわりゆったりと宙を舞い泳ぐようでありながら、何げに精確細密な発声・音程の安定力・コントロール力や、一語一声のニュアンス濃やかさを事も無く揮ったその唱術は、全く鮮やかで、決して巧妙さを感じさせることなく聴く者をひたすら心地よいリラクゼーションに包んでくれる歌い回しは、文句なく絶品だ。

↑CD入荷時の当店キャプション。

★ダイアナ・パントンの2年振りの新作。初の2管編成をバックに、四季折々の情景・情感を織り込んだ珠玉のナンバーの数々を、軽やかに呟くように歌い上げ、心震わせる密やかな興奮を呼び起こす。彼女の魅力はやはり少しの無理もない自然体そのものとも言える歌い口。更にあのシーラ・ジョーダンに「今まで聴いたことのないスイートさ」と言わしめた蠱惑ボイス。そのソフトな表情で優しげに唄い掛けられると、グラッと来てしまうこと間違いなし。--「JazzJAPAN」86号

Side A
1.ゼイ・セイ・イッツ・スプリング
2.丘の上のヒース
3.ザット・サンデイ・ザット・サマー
4.エスターテ

Side B
1.9月の雨
2.ティス・オータム
3.9月
4.アイ・ライク・スノウ
5.バイ・ザ・ファイアーサイド
*CDより収録曲数が少なくなっています。

メンバー:
Diana Panton ダイアナ・パントン (vocal)
Guido Basso ギド・バッソ (flugelhorn, trumpet)
Phil Dwyer フィル・ドワイヤー (soprano saxophone, tenor saxophone)
Reg Schwager レグ・シュワガー (guitar)
Don Thompson ドン・トンプソン (bass, piano, vibraphone, arrangement)

2016年8月カナダのトロント録音

★180g重量盤LP
★アメリカQuality Record Pressings 社プレス
★Cutting by Bernie Grundman from the 24bit/96kHz master
★Plated by Gary Salstromat Quality Record Pressings, USA
★初回1000枚ナンバリング限定盤
★厚紙A式ダブル・ジャケット

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します<

180g完全限定重量盤輸入LP
初回 1000枚ナンバリング限定盤

ダイアナ・パントン重量盤LPシリーズ第3弾! 180g重量盤LP DIANA PANTON ダイアナ・パントン / Solstice / Equinox (邦題:シーズンズ)[MZLP 005]

販売価格: 5,000円 (税込)
数量:
商品情報