ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO優しく温かな人情味と端麗な美旋律に貫かれた、瑞々しく心地よいリリシズム世界♪ CD DON THOMPSON, PAT LA BARBERA, NEIL SWAINSON, JOE LA BARBERA TRIO & QUARTET ドン・トンプソン・トリオ & パット・ラ・バーベラ・カルテット / DISTANT BELLS 〜Mostly Ballads Remembering Bill Evans ディスタント・ベルズ
商品詳細
★お馴染みカナダ・ジャズ界の重鎮=マルチ奏者:ドン・トンプソン(1940年カナダ-ブリティッシュコロンビア州ポーウェルリヴァー生まれ)の、今回は自身はピアノに専念し、パット・ラ・バーベラ(ts)、ニール・スウェインソン(b)、ジョー・ラ・バーベラ(ds)という鉄壁の布陣を率いたトリオやカルテットによる、ビル・エヴァンス愛奏曲集。
★折り目正しくきめ濃やかかつ潤い豊かな、しっとりとした清澄タッチのピアノが、誠心こめて優しくセンシティヴに、美メロを満載したロマンティックな抒情派プレイを紡いで、何とも瑞々しい、そして味わい深い典雅な絵を飾り、逞しげでソウルフルなテナーや、バネとコクを利かせて自在に跳ね躍るベース、シャープ&スリリングでいて端正な温もり感溢れるドラム、らもそれぞれにしっかり濃い口の彩りを添えた、誠に爽やかな感動と芳醇な旨さが堪能できる充実内容。
★インティメイトな寛ぎと、鋭くシャキッと背筋の伸びた緊張感、とがごく自然に並立した、極めてオーソドックスな耽美浪漫指向・メロディアス指向のリリカル奏演が、流麗に展開され、テンポやリズムにも絶妙の按配で緩急起伏のつけられる、メリハリ充分で清新味の絶えない道程の中、トンプソン以下銘々の、デリケートでいて伸びやかなアドリブ妙演が、何ともテイスティー・グルーヴィーに盛り上がりを呈してゆく。
★トンプソン(p)の、非常に繊細で端麗優美であり、それでいてごく親しみやすい人情味やマイルドネスをもナチュラルに備えたその、一音一音から熟成された旨味と哀愁がじんわり滲み出てくるような、ウォーム・スウィートな語り口が実に快調に冴え渡っており、一方パット・ラ・バーベラ(ts)の、タフ&ダイナミックでちょっとけだるげでもある太いブロウ轟鳴、の懐深そうな魅力も◎。

1. Love Theme From Spartacus スパルタカスから愛のテーマ (Alex North) 5:19
2. The Peacocks ピーコックス (Jimmy Rowles) 6:46
3. Some Other Time サム・アザー・タイム (Leonard Bernstein) 5:18
4. Very Earl ベリー・アーリー (Bill Evans) 7:44
5. My Bells マイ・ベルズ (Bill Evans) 4:11
6. Like Someone In Love ライク・サムワン・イン・ラブ (Jimmy Van Heusen) 6:18
7. You Must Believe In Spring ユー・マスト・ビリーブ・イン・スプリング (Michel Legrand) 7:20
8. Waltz For Debby ワルツ・フォー・デビー (Bill Evans) 5:06
9. Detour Ahead デトゥアー・アヘッド (Lou Carter, Johnny Frigo, Herb Ellis) 7:27
10. Dream Gypsy ドリーム・ジプシー (Judith Veveers) 5:39
11. Danny Boy ダニー・ボーイ (Traditional) 3:39

Don Thompson (piano)
Pat La Barbera (tenor saxophone on 2,7,9,10) (soprano saxophone on 5)
Neil Swainson (bass except 10,11)
Joe La Barbera (drums except 10,11)

2017年10月20日-21日カナダ-トロントのInception Sound Studio Inc録音

レーベル:Five Stars

在庫有り
国内制作CD
このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,700円になります。

優しく温かな人情味と端麗な美旋律に貫かれた、瑞々しく心地よいリリシズム世界♪ CD DON THOMPSON, PAT LA BARBERA, NEIL SWAINSON, JOE LA BARBERA TRIO & QUARTET ドン・トンプソン・トリオ & パット・ラ・バーベラ・カルテット / DISTANT BELLS 〜Mostly Ballads Remembering Bill Evans ディスタント・ベルズ[FSY 518]

販売価格: 2,600円 (税込)
数量:
商品情報
ビル・エバンスを語る事ができる最高のメンバーによるバラード集 “ディスタント・ベルズ”はビル・エバンスにゆかりのある彼等のエバンスへのトリビュートでもある。

★選曲・演奏のどれを取っても他の追随を許さない。レコーディングサウンドもオーディオ・ファンをも魅了するだろう。タイトル“Bells”は巨匠レスター・ヤングのジャズ言語=スラング ”Enjoyment“

★ピアニストはビル・エバンスを彷彿させる、カナダのマルチプレイヤー、巨匠ドン・トンプソン。2009年カナダ勲章を授与され、今世紀のジャズ音楽においてドン・トンプソン以上のピアニストは輩出されないと言われている。マルチリード奏者、パット・ラ・バーベラは47年前に住まいをトロントに移し、現在もレコーディング、コンサートにヨーロッパ・アメリカ・日本で活躍中。その豊富な経歴と演奏はカナダのみならずアメリカのジャズ界で不同な地位を確立。50年前にバディー・リッチ・ビッグバンドのソリストとして初来日。エルビン・ジョーンズ・ジャズマシーンのメンバーとしても有名である。
★今回は1曲“My Bells”のみソプラノ・サックスで演奏。二人は47年以上共演を続け、その息の合ったコンビネーションは”Simple Magic”、”The Night Lights” (Five Stars Records)で証明される。ジョー・ラ・バーベラはビル・エバンス・トリオの最後のドラマー。このラストトリオはエバンスが今までの中で最高のメンバーと称賛した。又、ジョー・ラ・バーベラは病のエバンスを説得して病院まで連れて行った事でも知られている。パット・ラ・バーベラはパット、ジョン(作曲者・編曲者)、ジョーのラ・バーベラ3兄弟の長男。ニール・スウェインソンはドン・トンプソンと長年共演を続け、ドンが最も信頼をしているベーシストである。故ジョージ・シアリングとの共演は彼が亡くなるまで続いた。カナダNo.1ベーシスト。(新譜案内より)

2017年10月20日,21日 INCEPTION SOUND STUDIO INC,TRONTO CANADA 録音
RECORDED,MIXED AND NASTERD BY CHAD IRSCHICK
PRODUCER YOSHIE MITSUKOSHI