ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)CD 宮沢 昭 AKIRA MIYAZAWA / BULL TROUT いわな
商品詳細
★軍楽隊を皮切りに幾つかのバンドを経て、1950年代には秋吉敏子や守安祥太郎とのコラボレーション等で日本のモダン・ジャズの黎明・発展に多大な貢献を成し、その後も自己のコンボを率いて旺盛に活躍、男性的な逞しい音色による歌心とコク味に満ちた独自のダイナミックなフレージング、並びにオールラウンドなフレキシビリティや安定したハイ・テクニシャンぶり、で非常に高い評価を得ていた、松本英彦と並ぶ本邦モダン・テナーの最高実力者であり、数々の優れたレコーディングを残した渋筋の名手:宮沢昭(1927年長野県松本市生まれ、2000年三鷹市で死去)の、本盤は、佐藤允彦や富樫雅彦の参加したクインテット基軸での、挑戦的意欲に満ちたオリジナル曲演奏が聴かれる1969年6月&7月東京録音の傑作「Bull Trout(いわな)」(原盤:ビクター SMJX-10068)の再CD化。
★尖鋭的でアブストラクトな要素も豊富に散りばめられた、ニュー・ジャズ・タイプのアグレッシヴな熱演が迫力満点に展開される、覇気軒昂のエキサイティング編である。
★肉太・骨太のダイナミズムと熱いエモーションを満載した、コルトレーンの流れを汲むエネルギッシュな怒濤のts咆哮、並びに、ハンコックやエヴァンスの成果を踏まえたキレ味鋭くスピーディーなpの苦味濃いアクション・プレイ、が実に精悍で瑞々しい魅力を放った、硬派モーダル路線の本道らしい勇猛な大奮戦が続き、そこかしこに実験的フリー・インプロヴィゼーション風の妖しい要素も散見して、スリル満点の圧倒的ハイ・テンションな濃密世界を創り出している。殊に、山あり谷ありの26分余に及ぶ渾身の組曲演奏1は白眉。

1.いわな Bull Trout
2.河ます Brown Trout
3.あゆ Ayu
4.虹ます Rainbow Trout

宮沢 昭(tenor saxophone,per)
佐藤 允彦(piano,per)
荒川 康男(bass,per)
富樫 雅彦(ds,per)
瀬上 養之助rum(per)

1969年6月30日,7月14日 録音
(ビクター SMJX 10068原盤)

在庫有り
CD

CD 宮沢 昭 AKIRA MIYAZAWA / BULL TROUT いわな [THCD 26]

販売価格: 2,470円 (税込)
数量: