ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > VOCALキュート&クール・リラクシングな自然体の洒脱肌ヴォーカル、更に瑞々しく深化! SHM-CD SARAH McKENZIE サラ・マッケンジー / PARIS IN THE RAIN
商品詳細
★ABC JazzやImpulseよりの作品群に好評を集めてきた、現在はパリを拠点に活動しているオーストラリア出身の女性歌手兼ピアニスト:サラ・マッケンジーの、アレンジも全て自身で手がけた、精鋭揃いの変動的コンボによる意気溢れる一編。国内盤でも発売。
★まろやかな潤いと優しい温もり感〜人肌感を湛えた、中高音の清爽柔和な美声による、語りに軽く節をつけたような、肩の力も上手い具合に抜けた流麗滑脱な寛ぎ調の演唱が、何とも小気味よく粋な華を成し、渋くて結構コクのあるインスト面の盛り上がりもアジな彩りを添えた、文句なしの快適な好投内容。
★ウォーム&インティメイトな和み気分を底流させつつ、ダイナミック・バピッシュな迫真のグルーヴ感やスリルも適宜醸成される、自ずとメリハリの利いた実に軽快で瀟洒な道程が続き、旨味濃い充実の演奏をバックに優しく繰り出される、マッケンジーのマイルド・ロマンティックなヴォーカルがひたすらスッキリしっとりと、瑞々しくも可憐でシャレた出色の映え(&冴え)を見せてゆく。→歌詞とメロディーを何より大切にして、一語一語に丁寧に情感を込めてゆくその、極めてテンダー&リラクシングであり、それでいて適度にサラリとしたクールな風合いをも呈して、後には爽やか&微シブな余情が残るという、トータルとしてはあくまでキュートでソフィスティケートな、デリカシーやウィットっぽさを絶やさぬ誠に心地よい洒脱肌の歌声キャラ、がごくナチュラルに、軽々と(飄々と?)形成されていて、全く見事。自身のファンキー・バップなピアノ弾奏や、武骨なテナー、爽涼なアルト、アーシーなギター、ソウルフルで凛々しいトランペット、ジェントルなヴァイブなど、演奏面のイカした聴きどころも豊富。

1. Tea For Two (Vincent Youmans / Irving Caesar)
2. Paris In The Rain (Sarah McKenzie)
3. One Jealous Moon (Sarah McKenzie)
4. Little Girl Blue (Richard Rodgers / Lorenz Hart)
5. I'm Old Fashioned (Jerome Kern / Johnny Mercer)
6. When In Rome (Cy Coleman / Carolyn Leigh)
7. Triste (Antonio Carlos Jobim)
8. Embraceable You (George Gershwin / Ira Gershwin)
9. In The Name Of Love (Kenny Rankin / Levitt Estelle)
10. Don't Be A Fool (Sarah McKenzie)
11. Onwards And Upwards (Sarah McKenzie)
12. Day In Day Out (Rube Bloom / Johnny Mercer)
13. Road Chops (Sarah McKenzie)

Sarah McKenzie (vocal on 1-12) (piano on 1-7,10-13)
Jamie Baum (flute on 1,5,7,11)
Dominick Farinacci (trumpet on 1,5,11,13)
Scott Robinson (alto saxophone on 1,5,13)
Ralph Moore (tenor saxophone on 1,3,5,12-13)
Mark Whitfield (guitar on 1-2,4-6,8,10-11,13)
Romero Lubambo (nylon string guitar on 7,9)
Warren Wolf (vibraphone on 1-2,5-6,10-11)
Reuben Rogers (double bass on 1-7,9-13)
Gregory Hutchinson (drums on 1-7,9-13)

2017年作品
解説:原田 和典
歌詞・対訳付

レーベル:Impulse

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

SHM-CD

キュート&クール・リラクシングな自然体の洒脱肌ヴォーカル、更に瑞々しく深化! SHM-CD SARAH McKENZIE サラ・マッケンジー / PARIS IN THE RAIN[UCCI 1037]

販売価格: 2,720円 (税込)
数量:
商品情報
IMPULSE

★2015年にアルバム『We Could Be Lovers』でimpulse!デビューを果たしたサラ・マッケンジーの2年ぶりimpulse!2作目。

■メルボルン生まれのマッケンジーだが、昨年バークリー・カレッジを卒業しパリに移住。パリの町を歌ったタイトル・トラックはパリへのラヴレターともいえるもの。自身で書き下ろした曲だが、「本当に私はパリが好き。とても魅力的な街だわ。 美しく、さまざまな文化、食、スタイルに触れることができるの。パリの美しさ、魔法、そして精神すべてを捕えた曲を書きたいの。」とマッケンジー。

■アルバム全体でみると、本作品はオーストラリアからアメリカ、そしてヨーロッパの旅が全てつまっている。イタリアへの旅は“When in Rome,” となり、ポルトガルへの旅はジョビンの “Triste” 、ロンドンは“Tea for Two” で表現されている、そして世界中の旅をまとめた自身のオリジナル曲ではピアノ演奏も聴かせてくれる。

■アレンジも自身ですべてを手掛けた本作は、前作以上にスタイリッシュ。ヴィブラフォニスト、 Warren Wolf , ギタリスト Mark Whitfield, ベーシスト Reuben Rogers, ドラマーGregory Hutchinson, トランぺッター Dominick Farinacci,フルート奏者 Jamie Baum, アルト・サックス奏者Scott Robinson, テナーサックス奏者 Ralph Moore, そしてギタリスト Romero Lubamboを迎えた豪華な構成。

■自身のオリジナル3曲、グレート・アメリカン・ソングブックもふんだんに楽しめる作品。(新譜案内より)