ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAX紙ジャケットCD JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / LADY HEAVY BOTTOM'S WALTZ  レデイ・ヘヴィ・ボトムズ・ワルツ
商品詳細
★アメリカのテナーサックス奏者ジョニー・グリフィンが、クラーク=ボラン楽団在籍中の1968年にドイツVogueに残した激レア・アルバム。CBBB関連の作品の中でもダイナミックかつ筋の通った演奏が光る傑作アルバム。

★ケニー・クラーク、フランシー・ボラン、ジミー・ウッドのボス格3 名に加え、サヒブ・シハブ、ベニー・ベイリー、オキ・ペルソン等、クラーク= ボラン・セクステットを従えてケルンにて録音された作品。ダスコー・ゴイコヴィッチ作のジャズ・ロック・チューン「A Handful Of Soul」、サヒブ・シハブのバリトンが渋いワルツ・ナンバー「Lady Heavy Bottom's Waltz」など絶頂時のクラーク=ボランのサウンドと、グリフィンのプレイ堪能できる文句無しの名盤! (メーカー・インフォ)

1.Foot Patting
2.Please Send Someone To Love
3.The Turk's Bolero
4.Deep Eight
5.A Handful Of Soul
6.The Jamfs Are Coming
7.Lady Heavy Bottom's Waltz

Johnny Griffin (TENOR SAXOPHONE)
Kenny Clarke (DRUMS)
Francy Boland (PIANO)
Jimmy Woode (BASS)
Sahib Shihab (BARITON SAXOPHONE)
Benny Bailey (TRUMPET,FLUGELHORN)
Ake Persson (TROMBONE)

★日本初CD化
1968年8月27日 Lindström Studios,Cologne 録音
(Vogue LDVS 17164原盤)

在庫有り
CD
完全限定生産
紙ジャケット仕様CD

紙ジャケットCD JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / LADY HEAVY BOTTOM'S WALTZ  レデイ・ヘヴィ・ボトムズ・ワルツ[PCD 24557]

販売価格: 2,520円(税込)
数量:
商品情報