ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAX伸び伸びと楽しげに歌い、スイングしまくる痛快大豊饒ライヴ!!! CD CORY WEEDS QUINTET featuring DAVID HAZELTINE コリー・ウィーズ / IT'S EASY TO REMEMBER
商品詳細
★円熟の好調ぶりが続くカナダの人気サックス(今作ではテナーに専念)奏者:コリー・ウィーズの、今回はデヴィッド・ヘイゼルタイン(p)やジョー・マグナレリ(tp)の参加したクインテットによる、NYスモールズでのライヴ編。
★肉太トーンでダイナミックにウネり躍るテナーや、ピリッとシャープに苦味走った俊敏なトランペット、陰影濃く硬質でスクエアーなピアノ、らが終始溌剌と楽しげに見せ場を分け合って、何ともゴキゲンな豊饒世界を実におおらかに描き出した会心打内容。明るくイキのいい人情味に満ち満ちた、メロディアスでスインギーな真っ向勝負の娯楽活劇的ハード・バップ大会!!、が意気軒昂に決め込まれ、各人の、気力の充実しきった伸びやかなソロ敢闘が、文句なしの清々しい盛り上がりを、豊作ぶりを呈してゆく。
★ウィーズ(ts)の、温もり豊かでコク旨な音色も好もしく、伸び伸びと豪快に渦を巻くハード・ドライヴィング&スモーキー(&アーシー)なブローイングが、正に「大きく歌い、大きくスイングする」の理想形とも云うべき壮快なる冴え渡り様を見せており、また、マグナレリ(tp)の、キレのよさとまろやかさが絶妙に混在したキビキビ進む立ち回り技や、ヘイゼルタイン(p)の、結構昔気質っぽい硬派で律儀な「殺陣の型」風の鋭角的アクションに終始する生粋バッパーぶり、といった辺りも格別の美味しさで際立って、道程は誠にノリよく超芳醇な、云うことなしの充実した仕上がりとなっている。

1. With Prestige
2. Emily
3. Smoke Gets In Your Eyes
4. Expose
5. Candyman
6. It's Easy To Remember
7. Bossa For All
8. Kelp
9. The Mabe

Cory Weeds (tenor saxophone)
Joe Magnarelli (trumpet)
David Hazeltine (piano)
Paul Gill (bass)
Jason Tiemann (drums)

2016年3月17日NYCのSmalls Jazz Clubでのライヴ録音

レーベル:Cellar Live

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

見開きペーパージャケットCD



伸び伸びと楽しげに歌い、スイングしまくる痛快大豊饒ライヴ!!! CD CORY WEEDS QUINTET featuring DAVID HAZELTINE コリー・ウィーズ / IT'S EASY TO REMEMBER[CL 031716]

販売価格: 2,050円 (税込)
数量:
商品情報
CELLAR LIVE

当レーベル=Cellar Liveのオーナーでもある、お馴染みカナダの人気サックス奏者:コリー・ウィーズ(ヴァンクーヴァー出身)の、今回は、デビッド・ヘイゼルタインをピアノに、ジョー・マグナレリをトランペットにフィーチャーし、クインテットで臨む壮快ハードバップ作品。純正ハードバッパーのエッセンスが充満した、明朗に闊歩する演奏は、時代を越え、ジャズの旨味をじっくり感じさせてくれます。ウィーズの滑らか、かつ、スモーキー & アーシーな味わい深いテナーサウンドの魅力は、CELLAR LIVEというレーベルの魅力そのものかもしれません。正統派のジャズを貫く心意気に満ちた演奏です。