ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > VOCALしっとり優しくキュート&ガーリッシュなリラックス・ヴォーカル、またも会心打! 紙ジャケットCD DIANA PANTON ダイアナ・パントン / I BELIEVE IN LITTLE THINGS アイ・ビリーヴ・イン・リトル・シングス〜わたしの小さな願い
商品詳細
お馴染みカナダの人気女性歌手:ダイアナ・パントン(カナダのオンタリオ州ハミルトン生まれ)の、2年ぶりとなるスタジオ・アルバム、=今回もまたドン・トンプソンやレグ・シュワガーらの緊密な小コンボ(例によってトンプソンは多重録音で一人数役をこなす)と組んだ一編。

★潤むようなしっとり感と爽涼さに溢れた、きめ濃やかでトーン高めのクリーン・ヴォイスによる、一語一語に誠心込めて優しく囁きかけるが如き端正な、そして穏やかな演唱が、殊の外瑞々しくてちょっぴり切なくもある白眉の魅力を揮った、思わずホッとする快適内容。
★バック陣の、インティメイトで趣味のいいラウンジ感覚に満ちた和やか演奏、も心地よく、緩急は適宜あるも一貫して「寛ぎ指向」な落ち着いた行き方(バラードやスロー・ワルツ風、ボッサ調といったムーディーめトラックも頻出)、が中々流麗に、楽しげに続き、パントンの、歌詞とメロディーを一つ一つ丹念に噛み締めてゆく風な、初々しくもあり、また含蓄深くもある、その柔和でセンシティヴな語り口が、何とも清やかに冴えを見せる。
★ソフィスティケートされた端麗で甘美そして瀟洒な哀愁ロマンティシズム表現、にさすがの熟成味〜安定した練達さが揮われているが、反面、一部では、微妙に舌足らずっぽくも聞こえてくるような、可愛らしい少女テイストを残した独特の発声・息遣いも窺わせ、それがまた実にチャーミングな(或いはちょっと儚げでナイーヴな)妙味を成していて、素敵だ。チェンバー的エレガンスとウォームネス満点のチェロ、ブルージーな吟醸味こってりのギター、カッチリした硬質スクエアー感溢れる渋いピアノ、と、インスト勢の旨口なソロ活躍も充実している。

1. イン・ザ・ワールド・オブ・マイ・オウン
2. 不思議の国のアリス
3. ピュア・イマジネイション
4. イマジネーション
5. シング
6. アイム・ゴーイング・トゥ・ゴー・バック・ゼア・サムデイ
7. レインボー・コネクション
8. リトル・シングス
9. 星に願いを
10. ハーフウェイ・ダウン・ステアーズ
11. エヴリバディ・スリープス
12. スリープ・イズ・ア・プレシャス・シング
13. ハッシャバイ・マウンテン
14. スランバー・バイ・ダーリン

Diana Panton ダイアナ・パントン(vocal)
Don Thompson ドン・トンプソン(bass,piano,vibraphone)
Reg Schwager レグ・シュワガー(guitar)
Coenraad Bloemendal コンラート・ブロエメンタール(cello)

2014年8月 カナダのトロント録音

レーベル:Muzak

▼仕様▼
◎ダブルE式紙ジャケット
◎フルカラー12Pブックレット付き

在庫有り
ダブルE式紙ジャケット仕様CD

しっとり優しくキュート&ガーリッシュなリラックス・ヴォーカル、またも会心打! 紙ジャケットCD DIANA PANTON ダイアナ・パントン / I BELIEVE IN LITTLE THINGS アイ・ビリーヴ・イン・リトル・シングス〜わたしの小さな願い[MZCF 1320]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
MUZAK

★聴いた誰もが優しい気持ちになれるダイアナからの素敵な贈り物。

★今やヴォーカル王国、カナダを代表するシンガーとして成長したダイアナ・パントン。ストリングスを交え大人の恋心を切々と歌い上げた前作『レッド』以来2年ぶりとなる待望のスタジオ最新作。「不思議の国のアリス」や「星に願いを」、そしてカーペンターズの「シング」など親しみやすい曲を中心に誰にでも楽しめる素晴らしい内容となっている。

●かつて大人もみんな子どもだった。音楽を聴いて、ふと遠い記憶がよみがえったり、大切な思い出が頭をよぎったりすることがある。誰にでも音楽の魔法がささやか幸せを運んでくれるのだ。ダイアナ・パントンは僕がここ数年で一番夢中になっている女性ジャズ・ヴォーカリストの一人だ。可憐な表情を映しだす歌声、気品ただようロマンティックなメロディー、ほどよく抑制の効いたアンサンブル、深い愛情が込められたカヴァー曲、どれをとってもピュアな感性が満ち溢れていて、心から好感を抱くことができる存在である。〜透明感のあるヴィブラフォンやたおやかなチェロの音色を効果的に色付けした、淡くまろやかなアレンジメントはドン・トンプソンによるもので、密やかな室内楽アンサンブルがドリーミーな世界観を見事に描いている。例えばMUZAKのカタログでいうなら、プリシラ・パリスの『Priscilla Loves Billie』のようなインティメイトな手触りも感じられるし、「子ども」というキーワードを踏まえればエイブラムズ先生とストロベリー・ポイント小学校4年生の作品と並べて置いても何ら違和感はない。そしてジャッキー・リーがイラストを手がけたアートワークも、まるで絵本をめくるような楽しさがある。愛らしいイラストを眺めながら、音楽に耳を傾けてみるものいいかもしれない。・・・山本勇樹(ライナーより)
(画像をクリックすると大きく見られます)

関連
可憐で清楚でどこか儚い、潤み煌くようなスウィート・ガーリッシュ・ヴォーカルの極上品    DIANA PANTON  ダイアナ・パントン / PINK - SECRET HEART ピンク - シークレット・ハート
しっとりメロウ・ムーディーな囁きキュート系リラックス・ヴォーカルの粋     DIANA PANTON ダイアナ・パントン / IF THE MOON TURN GREEN... ムーンライト・セレナーデ〜月と星のうた
しっとり優しく清らかな、そよ吹く涼風の如きメロウ・ボサノヴァ演唱♡ DIANA PANTON ダイアナ・パントン / フェリシダージ 〜わたしが愛したブラジル
通常盤CD DIANA PANTON  ダイアナ・パントン /   MY HEART SINGS- SWEET LIVE マイ・ハート・シングス〜スウィート・ライヴ
甘美で優しくも折り目正しい、芯の据わったメロウ&テンダーな憂愁歌唱♡ DIANA PANTON ダイアナ・パントン / RED レッド 〜ルージュのため息
クール・テンダーに優しく囁きかける清楚可憐なキラめきのクリスマス・ソング集♡ DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ウィンター・キッス〜わたしのホリデイ
初々しくも儚げに囁きかける極上メロウ・キューティー・ヴォーカルの原点♡ DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私