ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO歯切れよく溌剌と哀愁を歌う、磨き抜かれたソウルフル・バピッシュ・ピアノ必殺の会心打! CD NAJPONK TRIO ナイポンク / COOKIN' AT THE OFFICE
商品詳細
★お馴染みチェコの人気ピアニスト:ナイポンク(1972年生まれ)率いるトリオの、前2作品と同じく今回もまたプラハのクラブ:The Officeでのライヴの模様を収めた快調編。
●鋭角的キレのよさや骨太感を湛え、また透明感と陰影が絶妙に並立した、輪郭はクッキリの堅固でいて表情(〜濃淡的ニュアンス)あるピアノ・タッチによる、バピッシュ&ソウルフルな、自然体調子で伸びやかに躍動する敏活プレイが、シブさと爽やかさの合わさった、さすが熟練の美味しい魅力を溌剌と揮いきった豊饒内容。
★ひたすらメロディアスでスインギーな、ハード・バップの王道ド真ん中をまっしぐらに突き進む、直球エンタテイメント指向のスカッとした行き方が一貫し、切れ味シャープにして野性味もたっぷりの多角的激動ぶりを見せるドラムや、強烈にバネを利かせて大きくウネり波打つ逞しげなベース、らの、生々しい迫力に溢れたワイドスケール&アタッキングな活躍!、にも適宜スポットが当てられて、中々豊か(で濃厚)な色彩感が齎される中、主役:ナイポンクの、終始「余裕と貫祿」をバッチリ感じさせる、その巧みなげで流麗な立ち振る舞いが、誠に清々しい、出色の冴えを、キレを軽々示して超ゴキゲンだ。
●例によって、バップ+ファンキー、的な語法を変わらず基調とし、ダイナミズムと吟醸味に満ちた、硬派で粋な旨口世界をキビキビと活写、→その筆運びは、一聴すると、適度に荒削りで豪快滑脱な風合いをも呈するものの、トータルに見れば、実に鮮やかな劇的メリハリが構築されていたりもする、という、ごくナチュラルなさりげなさの中に懐深い魅力を有した語り口、ストーリーテリングが圧倒的に素晴らしい。また、しみじみとした哀愁歌謡性全開のロマンティック節や、モーダル・スピリチュアルな熱っぽい行き方、R&B調のエネルギッシュなグルーヴ大会、エヴァンス風味も仄めく耽美的歌物プレイ、といった転回ワザ群にもそれぞれ瑞々しい妙味があり、全体を通じて、結構ブルージーな黒さを根底に堅持したその、真性ハード・バッパーらしい鳴音キャラは、やはり説得力も格別。

1. In Walked Bud (Thelonious Monk) 6:34
2. Third Plane (Ron Carter) 5:32
3. Girl Of My Dreams (Sunny Clapp) 5:27
4. Sonora (Hampton Hawes) 5:58
5. St. Thomas (Sonny Rollins) 6:02
6. Minor Mishap (Tommy Flanagan) 5:10
7. Stella By Starlight (Victor Young) 6:27
8. Based On Bach, Bird And Trane (NajPonk) 7:07
9. Listen Here (Eddie Harris) 1:44
10. Theme For Cliff (Mike Carr) 6:03

NajPonk (piano)
Taras Voloschuk (bass)
Marek Urbanek (drums)

2015年2月18日チェコ-プラハのジャズクラブ:The Officeでのライヴ録音

レーベル:Gats Production

在庫有り
紙ジャケット仕様CD

歯切れよく溌剌と哀愁を歌う、磨き抜かれたソウルフル・バピッシュ・ピアノ必殺の会心打! CD NAJPONK TRIO ナイポンク / COOKIN' AT THE OFFICE[NAJ 0003]

販売価格: 1,700円 (税込)
数量:
商品情報
GATS PRODUCTION

★チェコの人気スイング・トリオ、Najponk Trio のLive At The Office シリーズ第3 弾

★Najponk お気に入りのプラハのジャズクラブでの白熱のライヴ実況録音の第3 弾!
息の合った3 人の親友が繰り出すスイング感はもちろんのこと、パンチが効いた演奏は期待を裏切らない定評通りのもの。多くのジャズジャイアンツにリスペクトするナイポンクらしい選曲も見逃せません。王道を忘れず現代の空気の中で堂々とスイングし続けるナイポンク・トリオの新録です!! お逃しなく!