ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOCD JACKY TERRASSON ジャッキー・テラソン / TAKE THIS
商品詳細
★現在47歳、アメリカ人の母、フランス人の父を持つドイツ生まれのピアニスト/コンポーザーJacky TerrassonのImpulse!デビュー・アルバムの登場。これぞNEW JAZZといえる2015年最初の注目すべき1枚!

■モダン・ポスト・バップ、ポップ、ヒップホップからヨーロピアン・クラシカル、アフリカン・リズム、アフロ〜カリビアン・リズムとメロディーまでに描画する彼の多面的な音楽づくり、音楽性の真髄までを捉えた大注目作品。 

■本作で一緒に演奏するのも注目の実力派揃い。2年前の前作『Gouache』に引き続きべースにはアメリカからBurniss Travis (Ambrose Akinmusire, Robert Glasper, Q-Tip, Mos Def, Marc Cary), 新たにキューバ生まれのドラマーLukmil Perez (Tito Puente, Giovanni Mirabassi), マリ人のパーカッショニスト Adama Diarra (Dee Dee Bridgewater, Salif Keita, Tiken Jah Fakoly, Toumani Diabat?)、さらに アフロ・フレンチのヴォーカリスト/ヒューマン・ビートボックスの達人Sly Johnson (ex Saian Supa Crew, Camille, Eric Truffaz) が超カッコいいコスモポリタンなコンボが視野が物凄く広いグローバルなマインドをもちつつ、アフリカン・アメリカン・ルーツも大事にした最新ジャズをレプレゼン。

■Bud Powellの “Un Poco Loco,” Miles Davis とBill Evans’の “Blue In Green” Paul Desmondの “Take Five”からピアノとヴォーカルのデュオが斬新なthe Beatlesの “Come Together,” Henri Salvadorの 1950年代フレンチ-カリビアン・ヒット “Maladie D’Amour”、2011年世界的な大ヒットとなったベルギーのGotyeの 2011年のポップ・ヒット “Somebody That I Used to Know.” のジャズ/ヒップホップなカヴァーまで、オリジナル3曲以外は全てカヴァーで構成されているが、アルバム全体とてもバランスよくどの曲もただただカッコいい!!!(新譜案内より)

1.Kiff
2.Un Poco Loco
3.Take Five - Take 1
4.Come Together
5.Dance
6.Blue In Green
7.November
8.Take Five - Take 2
9.Maladie d'amour
10.Somebody That I Used To Know
11.Letting Go

Jacky Terrasson (piano, Fender Rhodes, vocals*, percussion, human beatbox and synthesizer bass ** , synthesizer ***)
Sly Johnson (vocals, human beatbox)
Burniss Earl Travis II (double bass, electric bass)
Lukmil Perez Herrera (drums)
Adama Diarra (percussion)

在庫有り
CD


CD JACKY TERRASSON ジャッキー・テラソン / TAKE THIS[IMPULSE 471 2748]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報