ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)洗練されたクールな現代感覚溢れる抒情派ピアノ・トリオの瑞々しき逸品 CD TRISPACE トライスペース / NIGHTFALL ナイトフォール
商品詳細
★ピアニスト:林祐市(1977年新潟県生まれ)をリーダーとして、名古屋の精鋭連によって2008年に結成され、これまでアルバム2作品を発表して好評を得ていたピアノ・トリオ:Trispace(トライスペース)の第3作。=今回は、スウェーデン-イェテボリのニレント・スタジオで吹き込まれた一編。
●透徹な潤い感と鋭角的キレを兼備した、折り目正しい鮮明なタッチのピアノが、ロマンティックかつダイナミックにイキイキと詩情を歌い、切れ味シャープでパンチの利いた闊達なドラムや、ジンワリこってりと芳醇なコク味を振りまく肉太いベース、らも実に頼もしく奥深げに彩りを添えた、おいしさたっぷりで歯応えも充分の快投内容。リズム形式やテンポには多様な変化がつけられながら、メロディーの美や詩的な情感、そして力強い律動的スイング感を大切にした、ごくストレートアヘッドなリリカル指向の溌剌とした快進撃が続き、主役:林の、緩急自在で表情豊か、それでいて、ちょっとクールでスタイリッシュな制御を利かせた感じもある、中々風格に富んだ、美メロ満載の明朗滑脱なるアドリブ妙技が、ひたすらスッキリ爽やかな、端麗な魅力を放ってゆく。ハンコックやマッコイらの成果を踏まえた、メリハリある正攻法の力学的モーダル(&ブルージー)・アクション節、或いはまた、ヨーロッパの耽美派にも通じるしっとりとしたジェントル・スウィート(orフォーキー)な哀愁溢れるロマンティシズム表現など、次々と多角的に筆致を展開させながら、しかし一貫して落ち着いた軽みやクールネスをもって、淡彩画を思わせるこざっぱりとした清涼美麗な音景色を流れるように紡いで見せたその、繊細で自ずと洗練された極めて現代的な語り口は誠に生鮮。

1. ナイトフォール
2. モーニング・グロウ
3. シー・ザ・ライト
4. ウィズ・ア・スマイル
5. フリー・インプロビゼイション
6. ファースト・オービット
7. テンダー・アイズ
8. リーチング・ザ・スカイ
9. レター

林 祐市(piano,comp)
大村 守弘(bass except 9)
山下 佳孝(drums except 9)

2014年4月スウェーデン - イエテボリのニレントスタジオ録音

レーベル:Agate

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします


国内制作CD


洗練されたクールな現代感覚溢れる抒情派ピアノ・トリオの瑞々しき逸品 CD TRISPACE トライスペース / NIGHTFALL ナイトフォール[AGIP 3546]

販売価格: 2,160円 (税込)
数量:
商品情報
AGATE

★ピアニスト林祐市を中心に活動をする注目のロマンティックな正統派モダン・ピアノ・トリオ。
★名古屋/ 東京を拠点に活動し、ヨーロッパを中心に欧州メディアでも注目されるTRISPACE の新作が完成。

●2014年春、ヨーロッパに渡りスウェーデン・イエテボリ、ニレントスタジオにてレコーディング。イタリアでライブツアーを敢行し成功を収める。現地新聞メディアで紹介され注目高まる新作「ナイトフォール」が完成。
豊潤なハーモニー、美しいピアノタッチにうっとりと聴き入るM1『Nightfall』は、柔らかな5/4 拍子のジャズ・グルーブにアルバムの冒頭を飾るにふさわしい珠玉の楽曲。

★スイングするリズムが印象的、アルバム唯一の4 ビートを採用したハード・バップ曲M6「First Orbit」、リズミックなピアノ・リフから始まるM8「Reaching the Sky」は、ダイナミックなアンサンブルから繰り出される鮮彩な音で現代の新たなメインストリーム・ジャズに呼応したサウンドで注目を集める名曲。ソロピアノ「Letter」でアルバムは、締めくくられ実に懐の深い魅力を発揮しアルバム全編一貫した美意識と初々しく余情とみずみずしさに豊かな感性を発揮し邦人ジャズミュージシャンの新たな息吹を伝える会心作。

☆アヴィシャイ・コーエン / Seven Seas (EMI France)、ダファー・ヨーゼフ / Birds Requiem (Okeh Records)、ラーシュ・ヤンソン /KOAN、シーネ・エイ / Don't Be So Blue などの作品に携わった事でも有名なエンジニア、ラーシュ・ニルソンをサウンド・デザインに起用。
☆ヨーロッパ/ 北欧テイスト溢れるロマンティックな詩情や耽美性、聴きやすさを兼ね備えた清々しい注目の邦人ピアノトリオ。
☆ワールドワイドに作品リリース予定。

↑インフォより

::トライスペース::
2008年結成。ピアニスト林祐市を中心に、ベーシスト大村守弘、ドラマー山下佳孝の3人によるピアノトリオである。これまでに2枚のアルバムをリリースしており、イタリア、スペイン、ポーランド、アイルランドのジャズマガジンやインターネットラジオで取り上げられる等、国内のみならず欧州のメディアでも注目されている。2014年には、ヨーロッパに渡り、スウェーデンのnilento studioにてレコーディング。イタリアではライブツアーを成功させる。林祐市の作り出すオリジナル曲は、叙情的で美しいメロディーが特徴であり、それを3人の個性がぶつかりながら支え合って、絶妙にブレンドされている。