ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | LP > 国内盤LP完全限定生産LP THE NEW SOUND QUARTET (ザ・ニュー・サウンド・カルテット) / SUMMERTIME
商品詳細
★前作はスタンダード曲とロックとキーザーのオリジナル曲が1曲ずつという構成だったが、今作は各々のオリジナル曲が2曲ずつと、より2人の世界観が反映された形になっている。また、前作と大きく異なる点はゲストにトランペット奏者エディ・ヘンダーソンを向かえている点。ゲスト参加しているのが各々のオリジナル曲という点にも注目だ。

●冒頭を飾るロドリーゴの名曲「アランフェス協奏曲」はロックとキーザーのデュオ。続くキーザーのオリジナル「キャプテン・ジョン」はドラマーのジョン・ウィルカン(Jon Wilkan)に捧げた曲だ。(蛇足ながらウィルカン夫人はトランペット奏者のイングリッド・ジェンセン。)「スノーフォール・イン・セントラル・パーク」はロック書下ろしのオリジナル。エディ・ヘンダーソンのミュート・トランペットが静寂な空気感を一層鮮やかに表現している。その後カルテットによるタイトル曲「サマータイム」からジャズ・スタンダード曲が続き、キーザーのオリジナル「ポート・アレキサンダー・ムーン」で再びエディ・ヘンダーソンをフィーチャーする。「ポート・アレキサンダー」とはアラスカの港町で、昨年の夏にキーザーが前述のジョン・ウィルカン等と旅行で訪れた場所とのこと。もう一つのロックのオリジナル曲「ラスト・ディッチ・ウィズダム」とは直訳すると“絶体絶命のギリギリでひらめいた知恵”という意味。アルバムの最後を飾る「美貌の青空」はキーザーの敬愛する坂本龍一の楽曲で、ピアノ・ソロで情感たっぷりに奏でられる。

Side One
1. Concierto De Aranjuez
2. Captain Jon
3. Snowfall In Central Park
Side Two
1. Summertime
2. Blame It On My Youth
3. 'Round Midnight

ジョー・ロック (vibes & marimba)
ジェフリー・キーザー (piano)
ロバート・ハースト (bass)
ビリー・キルソン (drums)

スペシャル・ゲスト:エディ・ヘンダーソン(flh & tp #A 3)

2005年3月6日 NY 録音

在庫有り
X-Compound仕様LP


完全限定生産LP THE NEW SOUND QUARTET (ザ・ニュー・サウンド・カルテット) / SUMMERTIME[VRJL 7026]

販売価格: 3,100円 (税込)
数量: