ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO繊細でいてリキみのない、親しみやすさ抜群の爽やかな美メロ派名演♪ CD FRED HERSCH TRIO フレッド・ハーシュ / FLOATING
商品詳細
好調ぶりが続く抒情派ピアノの名匠:フレッド・ハーシュ(1955年オハイオ州シンシナティ生まれ)の、鉄壁トリオによる円熟の快編。硬質感や重厚さと、流麗さや軽涼感、が絶妙に合わさった、ニュアンスに富む豊潤で陰影あるピアノ・タッチによる、ある時はしっとりと優しく甘美に哀愁を歌い、またある時はダイナミック・ブルージーに凛々しく驀進スイングする、誠心こもった表情多彩なメロディック・プレイが実に爽やかに、そして芳醇に鮮度抜群の絵を飾った快投内容。一貫してメロディーの美や詩情を大切にした、リリカル派の王道的な親しみやすい行き方が続き、滑脱自在で繊細かつパワフルなベース&ドラムの機動的サポートに小気味よくプッシュされながら、ハーシュの、センシティヴだが決して張り詰めすぎず、適度に肩の力を抜いて伸び伸びと演奏を楽しむ風な、自然体の柔和げな語り口が清々しい好調ぶりを見せてゆく。エヴァンスやキースらの流れを汲んだ極めてオーソドックスな耽美指向のロマンティック節を変わらぬ根幹として、クール&マイルドにきめ濃やかな詩的情景を描き出してゆきつつ、コード技を活かしたソウルフルなフレージングや殺陣風のハード・バピッシュなダイナミズム表現、も的確に盛り込んで起伏・濃淡をつけ、トータル的にはあくまでシンプルでわかりやすい「エンタテイメント」然たる明快な道筋を、サラリと軽やかに形成しながら結構深い含蓄・余韻も残す、という、そのナチュラルでいて熟成された奥行き豊かなストーリーテリングの妙は、さすが絶品だ。

1. You And The Night And The Music
2. Floating
3. West Virginia Rose (for Florette & Roslyn)
4. Home Fries (for John Hebert)
5. Far Away (for Shimrit)
6. Arcata (for Esperanza)
7. A Speech To The Sea (for Maaria)
8. Autumn Haze (for Kevin Hays)
9. If Ever I Would Leave You
10. Let's Cool One

Fred Hersch(piano)
John Hebert(bass)
Eric McPherson(drums,per)

2014年作品

レーベル:Palmetto

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

デジパック仕様CD

繊細でいてリキみのない、親しみやすさ抜群の爽やかな美メロ派名演♪ CD FRED HERSCH TRIO フレッド・ハーシュ / FLOATING[PM 2171]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報
【注目】現代至高のピアノ芸術!!
来日公演でも満場の観客を魅了した
息をのむような繊細な美しさと、トリオのダイナミズム
フレッド・ハーシュ自身も最高作と語る一作!!

★重篤な病に倒れたのは2007 年のこと。昏睡状態が2ヶ月に及んだ時、誰がこの復活を予想出来たことでしょうか?しかし2010 年には、変わらぬ音楽性と、精神性を表現した現トリオでの初作品『Whirl』をリリース。2012 年には充実のヴィレッジ・ヴァンガード・ライブを収めた『アライブ・アット・ザ・ヴァンガード』をリリースし、全世界に心身ともの完全復帰を果たしたことを伝えてくれました。

★そして、再びのトリオ録音作は4 年ぶりのスタジオ録音作!となりました。

★ 4 月の来日公演では、本作から新曲の数々が、多彩な顔( アレンジ) をみせて披露されていましたが、“新作は自分のキャリアの中でも最高のものとなったと思う。病気だったなんて今では嘘みたいだ。”とフレッド自身も語る一作!。練られたアレンジをベースとしつつ、一期一会のライブ感、瞬間の驚きに満ちた演奏の数々は、< 究極の完成形> にして、< 聴くほどに新鮮な発見に満ちたもの> に!ピアノのメロディの美しさや、豊かなアーティキュレーションから生まれる繊細な表現はもちろん、ベースとドラムとのインプロヴィゼーションによって、気心知れた会話とダイナミズムを楽しむことが出来ます。

★演奏は全10 曲。

☆オープニングはこのトリオでのライブと同様スタンダード曲で幕開け。“You & The Night & The Music”は2007 年の同名作品でも演奏されましたが、以前のヒリヒリしたシリアスなものから変わり、いい意味での余裕も。その変化には< 茨の道を抜けたフレッドの道のり>も感じ、感慨深くもあります。

☆その後は、数々のオリジナル。「五線譜はただの紙でしかないのに、誰かのことを思うとメロディが自然に浮かんでくるんだと語るフレッドは、今回も大切な人たちに捧げた曲を披露。その中にはバンド・メンバー、ジョン・エベールに捧げた曲(M4) や、昨年デュオ公演企画で共演したエスペランサ(M6) に捧げた曲も。それらはエベールのユニークな人柄をにじませる楽しい楽曲であったり、エスペランサのベース・ラインをイメージし、解釈、発展させた曲であったり、アーティストの深遠に迫るフレッド・ハーシュならではの楽曲と言えましょう。また、母親そして祖母に捧げた曲“West Virginia Rose”(M3)はロマンティシズムに溢れるスロー・バラード。ライブでも観客を魅了した優しさ溢れるメロディには、フレッド・ハーシュというアーティストが育った環境の豊かさを思わずにもいられません。

☆そして、演奏の締めは、アメリカン・スタンダードと、モンクの楽曲。この構成もライブにならったものですが、繊細さと可憐な響きに思わず息ものむ“If Ever I Would Leave You”と、一転、スウィング感に心も踊る“Let’s Cool One”。このコントラストの妙も、完璧!というものです。

★伝統と継承という言葉をキーに、自らの表現を極めるフレッドの今が結晶された現代最高のピアノ芸術。21 世紀を語り、歴史に連なる傑作です。(新譜案内より)