ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOレギュラー・トリオとしての成熟もみえる CAMJAZZ第2弾 CD Enrico Zanisi エンリコ・ザニシ / Keywords
商品詳細
2012年、 イタリアが誇る名ジャズ誌“Musical Jazz"Top Jazz/Giovane Talento(最優秀新人賞)を受賞レギュラー・トリオとしての成熟もみえるCAMJAZZ第2弾!

★1990 年生まれ、ローマ生まれのピアニスト、エンリコ・ザニシの新作。

★ 2007 年わずか17 歳でマッシモ・アーバニ・アワーズを受賞し、2012 年にはイタリアが誇る名ジャズ誌“Musica Jazz”の最優秀新人賞にあたるTop Jazz/Giovane Talentoを受賞。若手ピアニストとして、イタリアで今最も脚光を浴びる若手の一人として成長しています。

★日本では、2010 年に『Quasi Troppo Seri o』がリリースされ、完全にインディペンデントなレーベル(Nucci a) の作品ながらにスマッシュ・ヒット。その後、CAM JAZZ に移籍されたことで、動向に注目が集まっていましたが、期待の第3 弾には、着実なステップアップを感じます。

★前作と同様のレギュラー・トリオは、好調にトリオ・サウンドを構築。路線としては、前作の延長線上で、演奏するのは、ラスト(シューマンの“トロイメライ”)を除いてオリジナルのコンポジション。ヨーロピアン的な抒情性と、Bad Plus が切り拓いたコンテンポラリーな世界を交錯させているという感触も、同路線と言えますが、3人のコンビネーションは、飛躍的にアップ。手さぐり感もあった前作と違って、確信に満ちた演奏の数々は、グループとしての成熟を感じさせます。また、ムジカ・ジャズの受賞も力を与えたのかもしれません。受賞後初の録音となる本作。自信のようなものも漲っています。

★イタリア人らしく、メロディの美しさはお墨付きで、タッチの美しさも際立つものが。凛として、クリアな輪郭をもった響きは心地よく、アップテンポのフレージングを際立たせています。

★作品発売後、イタリア各地でのコンサートも予定されている模様。ジャズ、ロック的コンテンポラリー、そしてクラシックの素養が合い混ざった世界・・。23 歳の若き才能。前作までの作品が気に入ったというファンの方、またフレッシュなヨーロピアンのトリオを聴きたいという方に、お薦めの一作です。(新譜案内より)

1. Claro
2. Au Revoir
3. Beautiful Lies
4. Equilibre
5. No Truth
6. Power Fruits
7. Recitativo
8. Magic Numbers
9. Der Teilnehmer
10. Träumerei

Enrico Zanisi(p)
Joe Rehmer(b)
Alessandro Paternesi(ds)

Recorded in Ludwigsburg on 12, 13 June 2013 at Bauer Studios
Recording engineer Johannes Wohlleben

こちらで試聴出来ます。

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します
CD


レギュラー・トリオとしての成熟もみえる CAMJAZZ第2弾 CD Enrico Zanisi エンリコ・ザニシ / Keywords[CAMJ 7870]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報