ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO瑞々しくも幽玄深い、しっとり清やかな極上の耽美派クール・スウィート・ピアノ CD SOREN BEBE サン・ビービー / SOREN BEBE TRIO FEATURING MARC JOHNSON
商品詳細
★Music Mecca、Your Favourite Jazz、Spice Of Lifeよりのトリオ作品がいずれも大好評だったデンマークの抒情派ピアニスト:サン・ビービー(1975〜)の、今回はマーク・ジョンソンをフィーチュアしたトリオによる、NY録音のオリジナル曲集。
●清澄で潤い豊か、かつ鋭角的キレや骨太感も備わった、折り目正しくデリケートなクリアー・タッチによる、詩情溢れるアンニュイ&ロマンティックな耽美指向プレイが、しっとりスッキリと瑞々しい華を成し、おぼろで温かな肉厚ベースの、歌心に満ちたウネり波打ちワザも実に頼もしく、濃い旨味を添えた、爽やかでいて奥行きの深い、高密度な敢闘内容。リズム面には適宜多様な変化〜緩急がつけられながら、概ねバラード的ロマンティシズムを堅持した、端正で優しいメロディアスな行き方が続き、1曲1曲は比較的簡潔にまとめられた中々小気味よい道程の中、ビービーの、気品と落ち着きあるセンシティヴなアドリブ展開が、より太くコクの利いたジョンソンのダイナミックな立ち回りと好対照を成しつつ、ひたすら流麗典雅に涼やかな絵を飾ってゆく。クール・スウィートでエレガントな、ヨーロッパ浪漫派の正統らしい唯美性やデリカシーをしとやかに湛える一方、意外にストレート・バピッシュorブルージーな締めの小節も隠し味的にしっかり活かされたその、幽玄深くジェントルマンな語り口は、何ともきららかでフレッシュ・テイスティーこの上なし。

1. Freshman
2. For L.R.P
3. Heading North
4. Luft / Air
5. Flying High
6. Dragging
7. SNE / Snow
8. 0ne Man Band
9. Eva
10. Change
11. Good Times

Soren Bebe サン・ビービー(p)
Marc Johnson マーク・ジョンソン(b)
Anders Mogensen アナス・モーンセン(ds)

2012年9月2&3日ニューヨークのSear Sound録音

レーベル:Spice Of Life

在庫
可能な限りお取り寄せ致します

デジパック仕様CD
国内制作CD

瑞々しくも幽玄深い、しっとり清やかな極上の耽美派クール・スウィート・ピアノ CD SOREN BEBE サン・ビービー / SOREN BEBE TRIO FEATURING MARC JOHNSON[SV 0029]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
北欧の風景が聞こえてくるピアニスト、サン・ビービー
期待の新作は偉大なベーシスト、マーク・ジョンソンをフィーチャー
深い透明感と牧歌的な美しいメロディーは聴く人の胸を打つ

前作の「A Song For You」で日本のジャズファンの注目を浴びたデンマークの新星、サン・ビービー。北欧らしい牧歌的な美しいメロディーと極めて流麗なピアノタッチが好評を博した。
彼の第4作目になる本作品は偉大なベーシスト、マーク"ジョンソンを迎えて昨年の9月にニューヨークのシェア・サランドで録音された意欲作である。
ビル・エヴァンス・トリオの最後(ラスト・トリオ)のベーシストとして有名なマーク・ジョンソンの参加により、サン・ビービーの独自の世界が一層高い完成度を見せている。2006年からサン・ビービー・トリオのドラマーとして彼が絶対的な信頼を寄せるアナス・モーンセンの繊細なリズムとマーク・ジョンソンの感性豊かなメロディアスなベースにより、北欧の空気のように澄み切った静寂感溢れる美しい世界を見事に創りだしている。

サン・ビービーとマークは個人的に知り合いであった訳ではないが、マーク・ジョンソンのエンリコ・ピエラヌンツイとのプレイとECMのBand Desiresが大好きだったと言う。ドラムスのアナスがマークと数枚レコーディングをし、数年前にデンマークのギタリストとツアーを行った事もあり、アナスがコンタクトを取ってレコーディングが実現したという。

ニューヨーク、シェア・サウンドでの録音は1日で16曲。2日目は少しのオーバーダブと修正だけですむ程順調に終る事が出来た。
マークは音楽に専念し大変集中するという。サン・ビービー本人もリハーサルを含め3日間の間に彼から多くを学び、少し成長した気がすると語っている。
この作品はサン・ビービー・トリオの代表作となる記念すべきものである。(メーカーインフォ)