ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOCD CLAUDIO FILIPPINI クラウディオ・フィリピニ / The Enchanted Garden
商品詳細
●かのエンリコ・ピエラヌンツィが、ライナー・ノーツを担当し、才能を褒めるピアニストの作品。エンリコ氏自身は、このクラウディオが地元のワーク・ショップに参加した時に出会い、才能を直感したとのことですから、注目です。その世界、氏が認めるのですから、もちろん美的空間がある、というものですが、特に、耳をひきつけるのは、透明感にも満ちたサウンド。オープニングの瑞々しいイントロの音は、多くのピアノ・トリオ・ファンの耳をひきつけることでしょう。また力強くも繊細なドラミング、グイグイと引っぱって行くベースと与するソロも、メロディアス。エンリコ氏ほどの先鋭さ、際どさはないものの、そのラインは、確実に美しく、ある時はエンリコ氏、ある時は、ライブで聴かせるラーシュ・ヤンソンの世界にも通じるものを感じさせたりします。しかし、おそらくもう一つの評価としては、型にはまってしまわない自由さでもあるでしょう。演奏曲にYou must believe in Spring を選ぶ所あたり、多くのピアニストと同じようにビル・エバンスの影響を受けつつ、M-3 では、あのブラジルの人気ものイヴァン・リンスの楽曲をピアノ・トリオにアレンジ。サウダージ溢れるイヴァンの世界をベース・ラインもフィーチャーしながらメランコリックに奏でるセンスは秀逸です。また、現代人らしく、北から流れて来たエスビヨン・スベンソン辺りの世界もミクスチャー。M-4 に聴くリフの世界や、キーボードによる多重録音の手法は、正しく、スベンソン以来の流れにあるコンテンポラリーなサウンド。日本のファンとすると全曲ピアノのみのトリオで聴きたかった、という声も聞こえてきそうですが、全体の8 割はピアノ・トリオの世界。アルコの響きが効果的なM-5, イタリア人ピアニストらしさが現れたM-6, 10, アップテンポのソロを弾き倒すM-7, 11・・M-9 はスクリャービン。ジョン・ルイスの有名曲、ジャンゴまで、今後の発展を期待させる13曲です。(新譜案内より)

1. Il Fiore Pupureo
2. Verso Sara
3. Art of Survival (Ivan Lins)
4. Flying Horses
5. Coralli
6. Waterfalls
7. The Beast Instinct
8. You must believe in Spring(Michel Legran)
9. Fauillet d’Album op45 n.1 (Aleksandr Skrjabin)
10. Under that Sky
11. Death March (Gary McFarland)
12. Wise Wolf
13. Django(John Lewis)

Claudio Filippini (piano and keyboards),
Luca Bulgarelli (bass),
Marcello Di Leonardo (drums)

2011年2月14,15,16日 録音

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します
CD

CD CLAUDIO FILIPPINI クラウディオ・フィリピニ / The Enchanted Garden[CAMJ 7839]

販売価格: 2,100円 (税込)
数量:
商品情報