ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)野性味を孕んだ明快ストレートな吟醸肌ギターCD!! 山野 修作 SHUSAKU YAMANO / THE STARTING POINT
商品詳細
★福岡市を本拠に、音楽講師を務めながら九州・山口のライヴ・シーンで精力的に活動し、ニューヨークでジョン・アバークロンビーやジーン・バートンシーニにも師事、2004年に初リーダー作「Light Up The Sky」を録音・発表して好評を得ていたギタリスト:山野修作(福岡市出身)の第2作。
●2008年3月?ニューヨーク録音。編成はトリオ。鋭く固い鉄板?風の適宜ザラついた半ワイルドなギター・トーンでの、ブルース&バップの伝統的イディオムに、コンテンポラリーな(ロック的?)アクション色や粋な小唄情趣も豊富に加えつつ、ビシビシと勢いよく歩を進めてゆくストレート・グルーヴィーな旨口プレイ、が中々の安定感で頼もしい映えを見せた好内容である。輪郭明瞭にひたすら美味しくメロディーを歌う、ことを第一義とした、緩急メリハリもクッキリつけられる、ごく正攻法の明快な人情派ハード・バップ大会が溌剌と続き、主役ギターの、思いきりよくズバッと豪快に斬り込んでゆくような、精悍な覇気とおおらかな温かみに満ちた真っ向勝負の活躍=吟醸的メロディスト&勇み肌バッパーぶり、が何とも抜けのいい爽やかな魅力を揮っている。ハードな殺陣風のバップ・イディオムと、熱血で哀切なブルージー・アクション節または瀟洒でマイルドな寛ぎ小唄フレージング、をミックスして、ちょい荒削りめに闊歩邁進する、ウィットも利いた硬派イナセ肌の歯切れよいスインギー・プレイ、で中々骨太に沸かせる他、バラードでのしっとりメロウ&ソフトな耽美的立ち居振る舞い、に顕れるクールネスとデリカシーがまた瑞々しさ抜群で、一方、さすが腕達者なベース&ドラムのダイナミズム満点の重厚戦車的サポートも千人力気分で◎。骨のあるスカッとした会心打。

1.OUT OF THE BLUE (S. Yamano)
2.BYE BYE BABY (J. Styne)
3.EYES (S. Yamano)
4.ROADSONG (W. Montgomery)
5.HOW DEEP IS THE OCEAN (I. Berlin)
6.I SHOULD CARE (P. Weston/A. Stordahl/S.Cahn)
7.BEGINNING (S. Yamano)
8.MOONBEAMS[NBK] (S. Yamano)
9.FIREFLY (S. Yamano)
10.B.S (S. Yamano)
11.ISOSHIGI (J. Mandel)

山野 修作 Shusaku Yamano(g)
Joe Martin(b)
Bill Stewart(ds)

Recorded at Clinton Recording Studio , NewYork
Recorded: March 13&14,2008

在庫有り
CD
送料込みで2,880円

野性味を孕んだ明快ストレートな吟醸肌ギターCD!! 山野 修作 SHUSAKU YAMANO / THE STARTING POINT[SH 1983]

販売価格: 2,880円 (税込)
数量: