ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2017年3月 REVIEW優しさと瀟洒味に貫かれたキュート&ロマンティックな寛ぎ小唄派ヴォーカルの粋 CD NICKI PARROTT ニッキ・パロット / DEAR BLOSSOM, a Tribute to Blossom Dearie
商品詳細
★ArborsやVenusよりの諸作に好評を集めてきた、オシャレで旨口なヴォーカル&ベースの人気才媛:ニッキ・パロット(1970年オーストラリアのニューキャッスル生まれ、1994年よりニューヨーク在住)の、今回は、腕利き揃いの小コンボによる、故ブロッサム・ディアリーに捧げられた一編。
★クリーンで爽涼な潤いに溢れた、きめの細かいトーン高めのまろやかヴォイスによる、優しくも軽妙洒脱に小唄的情景をイキイキと活写してゆく風な、ソフィスティケートでウィットの利いた抒情派歌唱が、何とも清新でデリシャスな華を成し、ダイナミック・スウィンギンで結構ダウン・トゥ・アースな自身のベース・プレイ始め、風格と渋味たっぷりなインスト面も魅力的に際立った、誠に快適でアジな好投内容。
★和気あいあいのウォームなリラクゼーションを底流させた、ごく瀟洒で肩肘張らないラウンジ・セッション調の小気味よい道程が続き、パロットの、真心こもったキュート&テンダーな、それでいてサラリとした恬淡さや飄々さもおのずと備わった自然体調子の節回しが、実に小粋に、風流に素敵な絵を飾ってゆく。
★→繊細柔和で甘美な浪漫漂う、そしてちょっと乙女チックな可憐さも仄めく、上手く力の抜けた語り節風の寛ぎスタイルを基調とし、並行して、極めて軽々とシブ爽やかな吟醸的風情をも(行間余韻っぽく)立ち昇らせる、という、何げに懐の広そうな淡麗なる歌唱表現が、今回も瑞々しく冴え渡っており、また、端正でキリッとしたピアノや、クールとアーシーの間を自在に往来するヴィブラフォン、スピリチュアルで中々コクの利いたベースなど、器楽サイドの聴きどころもバッチリ充実している。

1. I Wish You Love
2. Everything I've Got Belongs To You
3. I Walk A Little Easier
4. Peel Me A Grape
5. Inside A Silent Tear
6. Devil And The Deep Blue Sea
7. Dear Blossom
8. I'm Hip
9. Tout Doucement
10. Try Your Wings
11. Surrey With The Fringe On Top
12. Rhode Island Is Famous For You
13. It Amazes Me
14. It Might As Well Be Spring

Nicki Parrott (vocal, bass)
Chris Grasso (piano except 4)
Chuck Redd (vibraphone on 1,2,5,6,10,11,12,14)
Lenny Robinson (drums except 4,13)

special guests:
Engelbert Wrobel (clarinet, tenor saxophone on 3,6,9,12)
Warren Vache (cornet on 4)
Vince Cherico (percussion on 1,5,14)

2017年作品

レーベル:Arbors

在庫有り
デジパック仕様CD


優しさと瀟洒味に貫かれたキュート&ロマンティックな寛ぎ小唄派ヴォーカルの粋 CD NICKI PARROTT ニッキ・パロット / DEAR BLOSSOM, a Tribute to Blossom Dearie[ARCD 19453]

販売価格: 2,050円 (税込)
数量:
商品情報