ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2017年 2月REVIEW【澤野工房 2017年2月新譜】 ALESSANDRO GALATI TRIO アレッサンドロ・ガラーティ・トリオ / COLD SAND コールド・サンド
商品詳細
★L i s t e n t o t h e S i l e n c e - 静謐を聴け、彼方なる天より滴る美音の雫
イタリアが生んだピアノの魔術師、A l e s s a n d r o G a l a t i が創造する「音時空」

★日本のリスナーほど熱心に優れたピアノ・トリオの演奏を渉猟して止まない人たちがいるだろうか? それこそあらゆる機会を捉え、世界各国からの音源を何等かの形でチェックし、新しいものには早速に評価の声を挙げ、見逃されていたものには光を当てる。我が澤野工房もそうした皆様に支えられてここまで来ることが出来たわけだ。
★そういう「耳の立った」リスナーの方々に、以前から密かに語られてきた一枚のピアノ・トリオ作品がある。フィレンツェに住むピアニスト、A l e s s a n d r o G a l a t i が1 9 9 4年に録音した" T r a c t i o n A v a n t " である。透明感のある音色、空間の広がりを感じさせる演奏、そして何より、我々の琴線に触れるオリジナルのメロディ・ライン。… … 惹きあうべき縁はあるのだろう。それから2 0 年余りを経て、G a l a t i の新しい作品が、サワノの音としてお届けできることになった。そして、その内容はまさに期待に違わない。ビ- トルズ・ナンバーを素材にした(7) 以下(8) 〜 (11) までは全て全くのインプロビゼイションで、ここだけでもこのトリオのクォリティは十分に体験して戴けるが、やはり、問答無用のタイトル曲(1) や(5) のオリジナルにこそG a l a t i の真髄はある。哀愁を湛えた美しいメロディから
展開される深遠と呼ぶほかない音像は、どこか異なった時空への回廊を辿るような神秘を感じさせてくれるほど。紡がれている音も美しいのだが、その合間に存在する静寂もまた美しい。今までに無かったマインド・トリップを経験して戴けるはずだ。紹介できることが、サワノの誇りである。
(T e x t b y 北見柊)

1. Cold Sand
2. Mob Sick
3. Lucy's Eyes
4. Nina
5. Nothing Much to Say
6. Schosty
7. Here, There & Everywhere
8. Here
9. There
10. Everywhere
11. Nowhere
12. Uptown

Alessandro Galati (piano)
Gabriele Evangelista (bass)
Stefano Tamborrino (drums)

2016年 録音

レーベル:澤野工房(Atelier Sawano)

在庫有り
デジパック仕様CD
※このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,570円になります。

【澤野工房 2017年2月新譜】 ALESSANDRO GALATI TRIO アレッサンドロ・ガラーティ・トリオ / COLD SAND コールド・サンド[AS 155]

販売価格: 2,470円 (税込)
数量:
商品情報