ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2017年 2月REVIEW明朗溌剌にしてウォーム・リラクシングな旨味満点の快適抒情世界 CD DAMON BROWN TRIO デイモン・ブラウン / WALKING ON
商品詳細
自己のコンボやグループ:Killer Shrimp等で活躍し、Zah Zahや33他からの作品群に好評を得てきた、英国の国際派トランペッター(&ヴォーカリスト):デイモン・ブラウン(マンチェスター生まれ)の、今作は、ともに韓国人のギタリスト&ベーシストと組んだ新トリオによる一編。シャープな張りとまろやかなソフトネスを絶妙に併せ持った、ニュアンスある清爽トーンのトランペットが、明るく優しく朗々と情感を歌い上げて瑞々しい絵を飾り、メロウ&ブルージーなギターや、ウォーム&スピリチュアルなベース、好もしいナイーヴさを湛えたハスキーでレイジーなヴォーカル、らもそれぞれ鮮麗に渋い彩りを添えた、ホッと和めるテイスティーな好内容。インティメイトな寛ぎや温もりっぽさと、歯切れよくダイナミックなスイング感、を兼備した、抒情派の正統然たる、ごく親しみやすいハートフルでメロディアスな快演が続き、ブラウン(tp)の、緩急自在で流麗な、メリハリに富んだ歌心溢れるアドリブ・プレイが、スッキリと晴れやかに好調ぶりを見せる。柔和で細かい機微を感じさせるテンダー&ロマンティックな甘美めのフレージングと、キリッと凛々しく引き締まった硬派でイナセなバップ節、を的確に交差させつつ中々ドラマティックな文脈を描き出してゆくその、卓抜なハイテクニックにも裏打ちされた何げに懐深いストーリーテラーぶりは全く鮮やかで、一方、クールな耽美性とイキな吟醸ソウル風味を上手く使い分けながらセンシティヴにアプローチしてくる、Kang(g)の助演もGOOD。

1. I Wish I Knew
2. Song For Sarnai
3. When Sunny Gets Blue
4. Han River Tales
5. For All We Know
6. The Wrong Way Around
7. Walking On
8. Stars Fell On Alabama

Damon Brown (trumpet) (vocal on 3,5,7,8)
Woong Kang (guitar)
Jinkyo Park (bass)

2016年英国作品

レーベル:33 Jazz

在庫有り
見開き紙ジャケットCD

明朗溌剌にしてウォーム・リラクシングな旨味満点の快適抒情世界 CD DAMON BROWN TRIO デイモン・ブラウン / WALKING ON[33 JAZZ 260]

販売価格: 2,350円 (税込)
数量:
商品情報
33JAZZ

キラー・シュリンプの中心メンバー
デイモン・ブラウンの新トリオ!

■エド・ジョーンズとともにキラー・シュリンプのホーン・セクションを担うイギリスのトランペッター、デイモン・ブラウン。日本ではジャズ・ピアニスト椎名豊と共演するなど、ヨーロッパから極東アジアまで国際的に活躍するデイモン・ブラウンが、韓国のミュージシャン、Woong KangとJinkyo Parkと組んだトランペット、ギター、ドラムスのトリオ。3年間で100を超えるギグをこなしレコーディングに及んだ、デイモン・ブラウン・トリオのファースト・アルバムです。(新譜案内より)