ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TROMBONE【スモーク・セッション!】 旨味のエッセンスがギュギュッと濃縮された痛快芳醇この上なしの超充実ソロ・リレー合戦♪ CD STEVE DAVIS スティーヴ・デイヴィス / SAY WHEN セイ・ホエン
商品詳細
★円熟の好調ぶりが続く当代ハード・バップ・トロンボーンの第一人者:スティーヴ・デイヴィス(1967年マサチューセッツ州ウォーセスター生まれ)の、E・ヘンダーソン、E・アレクサンダー、H・メイバーンらとのオールスター・コンボによる一作。
●ピタリと息の合ったホーン陣のアンサンブルが凛々しくも爽やかに旗めき、ウォームでいて鋭敏なキレのよさも備わったトロンボーンや、鮮やかに流線形を描くテナー、ピリッとしたハードボイルドなトランペット、熱血でダイナミックなピアノ、らの活躍が、カラフル&テイスティーに充実した見せ場を繋いでゆく、実に清々しい会心打内容。メロディアス&スインギーでブルース色も濃い、真っ向勝負のハード・バップ熱演が展開され、デイヴィス以下各人の、伸びやかであり、かつ、結構簡潔にエッセンスを濃縮したようでもあるソロ奮戦が、それぞれ抜群のスター性をも放ちながら、極めて密度の高い大豊饒地帯を形成してゴキゲンだ。デイヴィスの、温かでふくよかなトーンに包み込むような優しさを湛え、それでいてシャープに突きor斬り込みを入れてくるが如き精悍げな風合いをも呈した、軽快飄々にしてアーシーなコク味溢れる立ち働きが、何ともデリシャス・グルーヴィーに傑出した冴えを見せており、また、メイバーンの、適度に荒削りな息遣いでホット&ワイルドに登り詰めるスピリチュアルな大攻勢や、アレクサンダーの、ある時は寛ぎ調子で悠然と波に乗り、ある時はモーダル・アグレッシヴに鬼気迫る疾駆ぶりを決め込む劇的敢闘、といった辺りも文句なく超芳醇に際立っている。

1. Pinnacles 5:02
2. What Is This Thing Called Love? 5:02
3. Shortcake 6:03
4. Mr. Johnson 5:53
5. Lament 8:28
6. Say When 6:38
7. Kenya 6:44
8. Shutterbug 5:40
9. Village Blues 6:45
10. There Will Never Be Another You 5:46
11. When The Saints Go Marching In 5:57

Steve Davis(tb)
Eddie Henderson(tp except 5,10)
Eric Alexander(ts except 5,10)
Harold Mabern(p)
Nat Reeves(b)
Joe Farnsworth(ds)

2015年アメリカ作品

レーベル:Smoke Sessions

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します

直輸入盤・帯ライナー付き国内仕様CD

【スモーク・セッション!】 旨味のエッセンスがギュギュッと濃縮された痛快芳醇この上なしの超充実ソロ・リレー合戦♪ CD STEVE DAVIS スティーヴ・デイヴィス / SAY WHEN セイ・ホエン[SSR 1505]

販売価格: 2,570円 (税込)
数量:
商品情報
Smoke Sessions

★演目はすべてジョンソンの愛奏曲ばかりといっていい。もちろん「ラメント」などジョンソン史上に残る名オリジナル・ナンバーも含まれているし、スティーヴいち押しのアルバム『J.J.インク』から「シャターバグ」を新編曲で聴かせてもくれる。共演者では重鎮ハロルド・メイバーンのピアノ・プレイが断然、光る。彼はマイルス・デイヴィスのバンドに短期間在籍した後、63年頃から64年にかけてジョンソンのバンドに参加した(さらに65年には、ジョンソンと同じくインディアナポリス出身であるウェス・モンゴメリーのヨーロッパ・ツアー用グループに引き抜かれた)。往年以上にイマジネーション豊かに飛翔するメイバーンのピアノ・プレイと、王者ジョンソンをリスペクトしながらも自身のプレイ・スタイルを崩さないスティーヴの呼応。たまらなくエキサイティングではないか。(原田和典/ライナーノーツより抜粋)