ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)マイルド・クール&ソフィスティケートな心地よさ抜群の寛ぎ音空間 CD 宮野 裕司、 菅野 浩 / ALTO TALKS WITH STRING SEXTET アルト・トークス・ウィズ・ストリング・セクステット
商品詳細
★アルバム1作目も好評だった、宮野裕司(1948年岡山市生まれ)と菅野浩(1973年神奈川県二宮町生まれ)のアルトサックス・コンビ:Alto Talksによるセカンド・アルバム、=今回は、前作と同じギター&ベースとのカルテットに、ストリング・セクステットを噛ませた趣向での一編。
★ヒンヤリ爽涼で色彩感ある、息の合った2アルトのアンサンブルが瑞々しく映え、アルト各人の瀟洒でバピッシュなプレイや、ブルージー・ソウル溢れるギターの吟醸ワザ、エレガントでムーディーなストリングスの耽美的鳴動、もそれぞれおいしい魅力を放った、ひたすら端正で趣味のいい快適内容。
★洒落たラウンジ風のリラクゼーションが根底に保たれながら、緩急は的確につけられる、歌心最重視のリリカルでロマンティックな優しい行き方が続き、1曲1曲はわりかし簡潔にまとめられ、また弦楽セクションのチェンバー的エレガンスを伴った演奏も奏効して、音空間には絶えず一定の折り目正しさや様式美っぽい趣が好もしく醸し出される中で、アルト両雄やギターらの、構成力抜群でいてフレッシュなスリルも自ずと漂わせたソロ活躍が、何とも清やかに、ジェントル・グルーヴィーに好調ぶりを見せてゆく。
★肩の力の抜けた、ソフト&ライトなクールネスやロマンティシズム、を基調としつつ、バップ的orブルース的な渋め旨口の小節も塩梅よく挿入してくる、一貫して流線的スムース感や紳士の気品を絶やさないアルト陣の、超滑脱な立ち居振る舞いが全く見事で、一方、エレキとアコースティックを巧く使い分けながら、ある時はしっとり唯美的、ある時はイナセげに中々テイスティーな妙技をキメる関根の助演、も実に鮮麗。

1. Indian Summer インディアン・サマー
2. I've Grown Accustomed Her Face 忘れられない君の顔(マイ・フェア・レディーより)
3. Just Friends ジャスト・フレンズ
4. Spartacus - Love Theme スバルタカス-愛のテーマ
5. The Rose ローズ
6. The Fool On The Hill フール・オン・ザ・ヒル
7. Windmills Of Your Mind ウィンドミルズ・オブ・ユア・マインド
8. Senza Fine センザ・フィネ
9. Siciliano シチリアーノ
10. Alto Talk 2 Imporvisation I アルト・トーク 2 インプロヴィゼーション I
11. Alto Talk 2 Imporvisation II アルト・トーク 2 インプロヴィゼーション II

宮野 裕司(alto saxophone,ocarina)
菅野 浩(alto saxophone,chromatic harmonica)
関根 彰良(acoustic guitar,electric guitar except 10,11)
生沼 邦夫(bass except 10,11)

小塚 泰(1st violin except 5,8,10,11)
杉浦 清美(1st violin except 5,8,10,11)
高橋 暁(2nd violin except 5,8,10,11)
柳川 ひろ子(2nd violin except 5,8,10,11)
深谷 由紀子(viola except 5,8,10,11)
橋本 歩(cello except 5,8,10,11)
小林 洋(arrangements,conductor)

2015年8月10日25日 武蔵境 Jazz In Studio録音

produced by 古屋 明
ライナーノーツ:宮野 裕司、菅野 浩

※LPも発売中!

レーベル:Audio Fab.

在庫有り
デジパック仕様CD
※このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,800円になります。

マイルド・クール&ソフィスティケートな心地よさ抜群の寛ぎ音空間 CD 宮野 裕司、 菅野 浩 / ALTO TALKS WITH STRING SEXTET アルト・トークス・ウィズ・ストリング・セクステット[AFD 115]

販売価格: 2,800円 (税込)
数量:
商品情報
AUDIO FAB

★弦楽六重奏のハーモニーに、アルト・トークが絡み合う。