ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TRUMPET【スモーク・セッション!】 ハードボイルドでいて吟醸味たっぷりの、極めてストレートアヘッドな現代新主流派大熱演! CD EDDIE HENDERSON エディ・ヘンダーソン / COLLECTIVE PORTRAIT
商品詳細
★円熟にして清新な絶好調ぶりが続く正統派ハード・バップ・トランペットの重鎮:エディ・ヘンダーソン(1940年ニューヨークシティ生まれ)の、今作は、ゲイリー・バーツ&ジョージ・ケイブルス、の旧友陣をフィーチュアしたクインテット基本での一編。
●鋭い張りやキレと、まろやかな潤いや艶っぽさ、を併せ持った、端正でニュアンスに富む音色のトランペットが、凛々しくもセンシティヴに哀愁を歌い、ソウルフルで熱っぽいアルトサックスや、包容力溢れるブルージー&スピリチュアルなピアノ(或いはミステリアスなエレピ)、らも中々濃厚に彩りを添えた、スッキリ爽快でいて何げに密度の高い、さすが練達の好演内容。ハードボイルドげでありつつ、歌心やブルースの旨味もバッチリ備わった、新主流派的なメリハリあるモーダル・バピッシュ熱演が溌剌とした調子で歯切れよく綴られてゆき、骨太い重厚さとフェイントっぽいスリリングな機動性を併有したドラム&ベースの俊敏鳴動!、に鋭くプッシュされながら、ヘンダーソンやバーツ、ケイブルスらの、腰を据えて伸びやかに躍動するストレートアヘッドなアドリブ奮戦が、しっかりと熟成された実に芳醇な好調ぶりを見せる。ヘンダーソンの、苦味走った硬派で軒昂な颯爽たるバップ(orファンク)・アクション節や、繊細で余情溢れる耽美的バラード・プレイなど、多彩でいてブレのない、自然体のおおらかささえ感じさせる真っ向勝負の活躍が何とも清々しい、かつコクのある、超ゴキゲンな冴え渡り様を示しており、一方、バーツのヒネり(や粘着味)の利いたダイナミックな吟醸ブロウや、ケイブルスの、温かみとスクエアーな陰影感を融け合わせた懐広げな「憂愁ロマン」的弾奏、といった辺りのこれまた濃い拮抗具合も絶妙。

1. Sunburst 8:21 Eddie Henderson
2. Dreams 9:56 Eddie Henderson
3. Morning Song 7:40 George Cables
4. You Know I Care 5:52 Duke Pearson
5. Beyond Forever 4:47 George Cables
6. First Light 8:45 Freddie Hubbard
7. Together 5:45 Natsuko Henderson
8. Ginger Bread Boy 5:08 Jimmy Heath
9. Spring 5:29 Leszek Kułakowski
10. Zoltan 6:46 Woody Shaw

Eddie Henderson(tp,flh)
Gary Bartz(as except 4,5,7,9)
George Cables(p,elp)
Doug Weiss(b)
Carl Allen(ds)

2014年5月12日NYCのSear Sound(Studio A)録音

レーベル:Smoke Sessions

在庫有り
デジパック仕様CD

直輸入盤・帯ライナー付き国内仕様CD

【スモーク・セッション!】 ハードボイルドでいて吟醸味たっぷりの、極めてストレートアヘッドな現代新主流派大熱演! CD EDDIE HENDERSON エディ・ヘンダーソン / COLLECTIVE PORTRAIT[SSR 1501]

販売価格: 2,260円 (税込)
数量:
商品情報
Smoke Sessions

●本作のレーベル、スモーク・セッションズはこれまでニューヨークのジャズ・クラブ「スモーク」で行なわれたライヴをCD化してきた。しかしこのアルバムはスタジオ録音だ。共演メンバーは70年代から交友のあるゲイリー・バーツ(アルト・サックス。75年には“ノーマン・コナーズ&ダンス・オブ・マジック”で共に来日)、やはり旧友のジョージ・ケイブルス(ピアノ、フェンダー・ローズ)、そしてダグ・ワイス(ベース)、カール・アレン(ドラムス)という中堅たち。ジャズ・ファンク時代の金字塔「サンバースト」のリメイクあり、フレディの「ファースト・ライト」やウディの「ゾルタン」など故人ゆかりのナンバーのヘンダーソン流解釈ありと、内容は過去のスティープルチェイス盤やマイルストーン盤以上に多彩だ。「ドリームズ」では記譜を最小限にとどめ、メンバーそれぞれの解釈にゆだねた。「マイルスが言っていたんだ。“自分一人で何もかも完成させるよりも、みんなでひとつの絵を描いたほうが面白いんだよ”」。アルバム表題『コレクティヴ・ポートレイト』は、この発言に因んでいる。 (2015年2月 原田和典氏/ライナーより抜粋)