ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム日本のジャズ (JAZZ IN JAPAN)マイルドな牧歌性と硬質的ダークネスが交錯する瑞々しい現代派ブルージー・ギター! CD 波多江 崇行 TAKAYUKI HATAE / MINISTER
商品詳細
★糸島市(福岡県)に本拠を置き、福岡シーンで幅広い演奏活動を行なっているオールラウンドな実力派の30代ギタリスト:波多江崇行の、トロンボーン入りのカルテットによる自作曲集。
●濁りの利いたシャープ&ダークなエレキ・ギターの硬質的ブルース・アクションであったり、透明感や清涼味に富むアコースティック・ギターの流麗でまろやかな牧歌的ロマンティック節であったりと、中々バラエティーに富んだ表情多彩なギター・プレイが、キリッとした鮮度抜群の映えを示し、一方、渋〜いソウル風味に満ちたトロンボーン吹鳴が、好対照に温かな彩りを添えた、旨みたっぷりで歯応えも充分の密度濃い好演内容。リズム・スタイルは様々に変化する、ブルージーで歌心に溢れた躍動型抒情派、的なコンテンポラリー・モーダル・バピッシュ奏演が精悍に展開され、ドラム&ベースの、ヘビーで肉厚、それでいて機動性も抜群の、絶妙な不穏さを孕んだアタッキングな遊撃的サポートに巧く突き煽られながら、波多江や久保の、滑脱自在かつしっかり芯の据わったソロ活躍が、スリリング&テイスティーにサエた見せ場を飾ってゆく。波多江の、ザラついた感触のダーク・クリスタル風トーンによる、苦味走った現代ファンク・バップ調の鋭角的ハードボイルド・フレージング(ちょっとマイク・スターンorジョンスコ似か?)が、妖しいキレ=研ぎ澄まされ感(やピリッとしたスパイス感)と濃い吟醸味の入り混じった、陰影あるダーティー・スモーキーな華を成しており(より清澄な音色でのイナセげなアーシー技や、アコースティックでの端正なバラード・プレイもGOOD)、対する久保の、包容力を感じさせるおぼろでウォームなトーンによる、伝統に深く根を張ったファンキー・バピッシュな旨口ワザ、もバッチリじんわりと芳醇に際立っている。

1. minister
2. rocinante
3. puddle
4. agricultural ceremony
5. wind
6. fetal movement
7. vampire
8. fogbound
9. can't make kids pay

波多江 崇行(guitar)
久保 盟(trombone)
小野 としたか(bass)
上村 計一郎(drums)

2014年9月21,22日録音

レーベル:自主制作(Ito Music Cultivation Factory)

波多江崇行のBlogへ

在庫有り
国内自主制作CD


マイルドな牧歌性と硬質的ダークネスが交錯する瑞々しい現代派ブルージー・ギター! CD 波多江 崇行 TAKAYUKI HATAE / MINISTER[IMCF 0001]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報
★福岡で活動を続けるギタリスト、波多江崇行。先日、福岡中洲 RIVERSIDEで沖至をリーダーとするライブ演奏で、このギタリストのギター演奏を目にした。孤高のトランペッター、沖至のバックでの演奏は、その場の空気を的確に捉える確かな実力を感じさせる即興ギター演奏だった。

その波多江崇行の新譜がこれ、「Minister」だ。先日のライブでの演奏とは又、違う表情を捉えた録音であり、現在の波多江崇行のすべてが込められているといっていい渾身の一枚。

このギタリストの個性が一番良く現れていると思わせるタイトル曲から音楽は始まる。牧歌的でメロディ感覚に優れたフレーズが、澱みなく自然に流れ、てらいのない自然な情景の描写が何ともいえない風合い。トロンボーン、ベース、ドラムスとそれぞれ違った色彩が絶妙に混ざり合い、独特のマイルドな世界が形作られる。

その後も緩急をつけながら時にシャープに、時に急ぎ足に、時にゆるやかに、と基本、流線的なしなやかなサウンドを保ちつつ、 ブルース的味わいや、スリリングな交歓をはさみながら、迷いなく突き進む姿勢が実に新鮮。弦楽器としてのギター・サウンドの魅力を中庸なトロンボーン吹奏との語らいでじっくり聴かせてくれるところなど、日本人ならではの牧歌性がうまく表現されている。アルコ・ベースの取り入れ方も絶妙。瞬間瞬間のツボを押さえ、一体化していくドラムのこのグループならではのリズム感覚が心地好い。

起承転結の構成もしっかりしたプロデュース力で、日本のジャズの今日的個性がキラリと光る好盤。福岡で芸術家が息づく地域、糸島から地道に音楽を発信する波多江崇行。今後の活動にも目が離せない。